ここから本文です

サプライズ (2011)

YOU'RE NEXT

監督
アダム・ウィンガード
  • みたいムービー 115
  • みたログ 1,111

3.21 / 評価:787件

はみ出し者。イレギュラー。

  • roc***** さん
  • 2019年2月20日 23時57分
  • 閲覧数 1051
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

どんなお話でも、イレギュラーが混じってて状況をぶち壊してしまう様は面白いですよね。広く言えばドラゴンクエストの勇者だって魔王たちからしてみればそういう存在なわけで、「こいつさえいなければ!」みたいな。

この映画はまあ良くある舞台、家にいる人たちが外から来た謎の殺人鬼(複数)に襲われ追い込まれてゆく系。普通です。
でもイレギュラーがいるわけです。そいつは普通じゃないんです。

つまりそれが、恐ろしい殺人鬼をボッコボコにしてしまう女主人公なんです。線が細くて素朴な美人って感じなんだけど、戦闘力が恐ろしく高い。理由はどうでもいいんです。
トラップ張ったり裏かいたり状況を作っていき一人ずつ倒していきます。他に人が死んでも、殺人鬼たちもグループですからそっちの仲間がやられているわけで、とんでもないイレギュラーなわけです。襲われる側からも襲う側からも外れてるはみ出し者ですね。彼女、敵対者を全部殺すんです。

ちょっと田舎者っぽいみたいな風に馬鹿にされたりするんですよ、序盤。経歴も変で、彼氏が家の人なんだけど男は大学の元教授で、彼女は生徒っていうヤバい関係。忌避されますよね。でも気にしてない。
つまり彼女は最初から変わり者で、どこでもはみ出し者なんだと思います。

このはみ出し者っていう部分、重要だな~と言いたいんですよ。普段みんなから少し馬鹿にされてるような、人に合わせないような人間。一歩引いて物事を考えてるが故に孤立している。だけどそれに押しつぶされないような強さがあるから、はみ出し続けていられる。ただの変な奴とは違いますよ、自分をしっかり持ちすぎてるというか、まあ社会には不適合な人たちです。

しかし、混乱やパニックが起こり正しい道筋を選ばなければ大勢が危険にさらされるというような状況が、地震でもテロでも強盗でもなんでもいいですけど、そういう場に居合わせた時にいてほしいのがそういう人間、はみ出しものですよ。きっと群体として行動している人々より孤立している人間の方が咄嗟に動けるはずです。普段一歩引いてものを見ていると状況も把握しやすいでしょう。たとえ恐怖に陥りそうになっても、その状況ですらきっとはみ出している。ただビビッて錯乱したりはしない。だから最善の手を打てるという。

そういう意味でのイレギュラー。この手の作品でも相当腕利きの殺人鬼バスターがこの映画の主人公です。そのキャラクターと、上記で書いたようなことを勢いよく描かれていたと感じたので楽しめました。爽快ですよ。

あと、オチが面白い。笑いますねあんなの。


「you're next」の文字とかは全然いらないと思います。この映画において存在意義なし。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • 知的
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ