ここから本文です

ゼロ・グラビティ (2013)

GRAVITY

監督
アルフォンソ・キュアロン
  • みたいムービー 611
  • みたログ 7,569

3.67 / 評価:5506件

劇場で観るべき作品

  • gil***** さん
  • 2020年6月15日 20時33分
  • 閲覧数 415
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

MAX3D版を鑑賞しました。
まずは一言、この作品は劇場で観ないと価値のない作品です。

この作品の魅力は、以下の二点です。
①極限状態の宇宙の描写
②絶望から克服へ向かう心理の動き
自己を省みるステップが説得力を持つ人間ドラマでもあります
ガラス越しにみえる冷徹で美しい宇宙の光景と、暖かで色彩豊かな地球の対比が秀逸です。

ラスト、母なる地球に帰還した後に目に入るカエルや海草といった生き物や様々な音、そしてgravityにより反発のない地面の描写には特に感涙

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • スペクタクル
  • パニック
  • 不気味
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 知的
  • 絶望的
  • 切ない
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ