ここから本文です

パラノイド・シンドローム (2012)

THE LETTER

監督
ジェイ・アナニア
  • みたいムービー 3
  • みたログ 41

1.73 / 評価:30件

これは、まさかの・・・

  • 劇場1人 さん
  • 2014年6月2日 6時37分
  • 閲覧数 1660
  • 役立ち度 5
    • 総合評価
    • ★★★★★

ウィノナ・ライダーとジェームズ・フランコ見たさでの鑑賞でしたが、思いっきり地雷を踏んでしまいました・・・。
コテコテのB級的地雷だったら私はまだ全然楽しめるのですが、これは真面目に作った作品だっただけに、まあとにかくしんどい地雷でしたね。
睡魔と戦ってみたい方にはおススメですが、ウィノナやフランコ見たさで何となく見た場合は、相当しんどいことになると思うのでご注意を!

まず物語の大半を占めたワークショップの様子が、見ていて相当つまらなかったですね。
あんなつまらなさそうな演劇内容の稽古を見せられても・・・。

ワークショップ以外の場面も、ほとんどがウィノナの意味あり気な語りと、眠くなりそうなピアノ音と、ウィノナの不安定な精神状態を表したようなおぼろげな映像のみで構成されていたので、見ていて相当きつかったです。

一応この映画の焦点としては、ウィノナは一体どうなってしまうのか、精神がおかしくなった原因は何なのか、ジェームズ・フランコは一体どんな役割なのか、この三点だったかと思うのですが、残り10分ぐらいまでは何の進展もないまま推移したので、結論が出る前にもう疲れちゃいましたよ。

結果そんなことがあったのか、なるほどとは思わされましたが、もう少しそれまでの構成が何とかならなかったものか。
で、結局ジェームズ・フランコは何の意味があったの?
睡魔と戦いすぎて、何か見逃したのかな?それとも特に意味無しだった?

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不思議
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ