レビュー一覧に戻る
ウルフ・オブ・ウォールストリート
2014年1月31日公開

ウルフ・オブ・ウォールストリート

THE WOLF OF WALL STREET

R18+1792014年1月31日公開

hik********

3.0

「I'm king of the world」 別の意味で王になったレオ様。

いやはや、こんな滅茶苦茶な映画もあったものだ。 もう何から何までとんでもない映画だった。 延々とハイテンションなディカプリオが、放送禁止ワードを言いまくる、コカイン吸いまくり、詐欺しまくり、大豪遊しまくり、ヌードの女性でまくり、お陰でR−18指定で、とどめにこんな内容で3時間の大長編。 こんなどうかしちゃっている映画を、齢70代で監督したマーティン・スコセッシも勿論、どうかしちゃっている(笑)。 レオの大熱演もさることながら、負けず劣らずのイカれっぷりを見せてくれたジョナ・ヒルも見事だった。 と言うか年齢を知って目が飛び出そうになった。まさかレオより年下どころか一回りも下とは。 更にまだブレイク前の頃のマーゴット・ロビーに至っては、ふた回り近くも下。 キャスティングまでもどうかしちゃってるよこの映画! かつてアイドルとして絶大的な人気を誇ったレオは何処へやら。おそらくレオ史上最低に下品な役の映画でしょう。 長すぎる映画ですが、面白かったです。

閲覧数950