2013年11月16日公開

ゆるせない、逢いたい

1072013年11月16日公開
ゆるせない、逢いたい
3.2

/ 124

17%
26%
30%
19%
8%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

母と一緒に郊外に引っ越した高校生の木下はつ実(吉倉あおい)は、母と考え方が合わない上に新生活になじめず孤独を感じていた。そんなある日、はつ実は古紙回収の仕事をする野口隆太郎(柳楽優弥)と出会う。親に捨てられた隆太郎と孤独なはつ実は惹(ひ)かれ合うが、はつ実の母親が彼女の携帯を壊したことから連絡が取れなくなってしまう。数日後、はつ実の姿を目にした隆太郎は感情を抑えられず、はつ実を襲ってしまう。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(35件)

切ない28.8%悲しい23.1%泣ける13.5%かわいい11.5%絶望的9.6%

  • yu-ta

    3.0

    なかなか重たいテーマ

    新木優子はあんまり可愛くないけど、めちゃくちゃいい友達。あんなに情緒不安定で自分のことを何も話さない、自己中心的な主人公によくもあれだけ寄り添えたものだ。GYAOの紹介文が「柳楽優弥×新木優子」となっていたのも仕方がないのかもしれない。 あと、柳楽優弥の演技が全然よくない。今は素晴らしい俳優さんだと思うけど、若いころはそうでもなかったということ?自分の見る目がないだけか?

  • jag********

    1.0

    めんどくせー女だな

    「好きなのに合意もなしにやられたからツライ」ってことか? 最期の面談で、女子高生の好きと柳楽優弥の好きの温度差でレイプに至ったような感じで「好きなわけない!」と叫ぶ女子高生の気持を想像すると、最初のデートで野球場の照明までつけてくれるサプライズなジェントルっぷりを見せたのに、草っ原で有無をも言わずに押し倒されて「いーっつてないじゃん!」みたいな怒り?プライドなのか?と。じゃなかったら最後抱き着かないよね? 大人になればどんなイケメンでも、好きの中にそれなりに性的なゲスさはあるとわかるものだし、今時の女子高生の好き=性交に結び付くのなんて当然想定内だと、思うのだが? なんか柳楽優弥の無駄遣いというか、脚本的にもっとひどい男にしないと、女子高生の清純オジョーさん気分にナニサマ?と同情しにくいな。

  • さーたん

    3.0

    ていねいに描かれてます

    かなり丁寧に、人物の心情を描いてるところはとてもよいのですが、レイプと恋愛をテーマにしたのは、ちょっと解せないです。 主人公の女性の役者さんは、なかなかよかったですし、柳楽優弥さんのギラギラした感じも雰囲気ありました。

  • ayu********

    3.0

    まぁまぁ

    最後はいいと思った

  • mam********

    2.0

    ネタバレ男子の罪が軽すぎる

    このレビューにはネタバレが含まれています。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ゆるせない、逢いたい

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日