2013年11月16日公開

ゆるせない、逢いたい

1072013年11月16日公開
ゆるせない、逢いたい
3.2

/ 124

17%
26%
30%
19%
8%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(35件)


  • yu-ta

    3.0

    なかなか重たいテーマ

    新木優子はあんまり可愛くないけど、めちゃくちゃいい友達。あんなに情緒不安定で自分のことを何も話さない、自己中心的な主人公によくもあれだけ寄り添えたものだ。GYAOの紹介文が「柳楽優弥×新木優子」となっていたのも仕方がないのかもしれない。 あと、柳楽優弥の演技が全然よくない。今は素晴らしい俳優さんだと思うけど、若いころはそうでもなかったということ?自分の見る目がないだけか?

  • jag********

    1.0

    めんどくせー女だな

    「好きなのに合意もなしにやられたからツライ」ってことか? 最期の面談で、女子高生の好きと柳楽優弥の好きの温度差でレイプに至ったような感じで「好きなわけない!」と叫ぶ女子高生の気持を想像すると、最初のデートで野球場の照明までつけてくれるサプライズなジェントルっぷりを見せたのに、草っ原で有無をも言わずに押し倒されて「いーっつてないじゃん!」みたいな怒り?プライドなのか?と。じゃなかったら最後抱き着かないよね? 大人になればどんなイケメンでも、好きの中にそれなりに性的なゲスさはあるとわかるものだし、今時の女子高生の好き=性交に結び付くのなんて当然想定内だと、思うのだが? なんか柳楽優弥の無駄遣いというか、脚本的にもっとひどい男にしないと、女子高生の清純オジョーさん気分にナニサマ?と同情しにくいな。

  • さーたん

    3.0

    ていねいに描かれてます

    かなり丁寧に、人物の心情を描いてるところはとてもよいのですが、レイプと恋愛をテーマにしたのは、ちょっと解せないです。 主人公の女性の役者さんは、なかなかよかったですし、柳楽優弥さんのギラギラした感じも雰囲気ありました。

  • ayu********

    3.0

    まぁまぁ

    最後はいいと思った

  • mam********

    2.0

    ネタバレ男子の罪が軽すぎる

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ちよにゃん

    2.0

    つじつまの合わない、一貫性のない心

    私も女ですが分かるようで分からない、そんな気持ちでした。 確かに、このくらいの年頃の女子の恋心と性は、こんな感じなのか……? 好きだからセックスしたいとはならない 。 これは、これくらいの年頃の女の子特有なものなのか。 男の人に潜む普段とはまったくの別人格とも思える、性欲が出た時の顔や勢いが怖く思えるときもあるかもしれない。 とはいえ、だからといって何故警察に知らせたのか。 そして何故最後抱きついたのか、、なんだか分からなすぎて、もやもやもした。

  • par********

    1.0

    ネタバレ昭和の映画かな? 演出演技映像BGM全部古い

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • nak********

    5.0

    ネタバレ繊細な心の矛盾がうまく描かれている

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • drm********

    2.0

    あまり…

    自分の中で納得できていない。 デートレイプという事柄に対してではなく、 この物語の構成。 お互いなんとなく好きなのはわかっている。 更にお互いの考えが幼かった。 更に母親も幼い。 前半はただ喚き散らしているだけ。 後半は後半で自分の行為は棚に上げて他人を批判する。 断じて男子がした行為としては否定されなければならない。 しかし、もう少し描き方に工夫があっても良かったのでは? 主人公の精神もあっちいったりこっちいったり… ま、精神的に不安定になっても仕方なしということなのか? よくわからず、イマイチのりきれなかった。 題材はよし。料理の仕方がよくなかった。

  • 山下

    4.0

    年代で見方がかわるかな

    娘を持つ親から見ると心がいたい作品です。若い子からみるとひどく見える母親の気持ちもわかります。確かに度が過ぎた過干渉だなとは思いますが、娘が心配で、なくなった父親の分まで、という気負いもあることも理解できます。感想としては可もなく不可もなくです。若い頃の新木優子さんがでていてめちゃくちゃ可愛かったです。やはり綺麗な方は昔から綺麗ですね。

  • ブロカント

    4.0

    ネタバレ泣けて仕方ない

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ももっち

    1.0

    きもちわるっ

    頭の凝り固まった年寄り達が、 一生懸命若者になりきって作りましたみたいな内容。 『ホラ、今っぽいでしょ!?』みたいな臭いがプンプンする。 そんな年寄り達が思い描くほど、女子高生なんて繊細じゃないし、 もっとしぶとくずぶとくきたない。 何度もフラッシュバックして、 泣き叫んだり倒れこんだり、 でも最終的には友達と一緒に川に入ってパシャパシャしちゃったりして、 更には『お母さんはあなたが大事なのよ!』パシーン!! うそでしょ、臭すぎるでしょ、何これ。昭和? 年寄りどもの夢小説の中の世界だわ。 本当に『気持ち悪い』の一言。 あと所々で流れる『ほら、美しいシーンでしょ?』みたいな美化美化BGMも胸糞。 ………何が伝えたかったの?

  • qxb********

    2.0

    これってデートDVていうんですね

    映画を観て、なんだろうこの話、と思ってここに来てみたら、「デートレイプ」という言葉が出ていたので「なるほど」と思いました。 お互いに好意はあるものの、まだ女が男を性的に受け入れる心づもりができていないのに襲われることを言うんでしょうね。 はつ美は、あれだけあの男の子のことを好きだったけど、まだ性的な目では見てなかったということなのかな。 まあ、普通はキスから始まって、徐々に…って思いますしね。 男の方は「好き」が「性的な目」に直結していて、はつ美が夜道を追いかけてまできてくれたもんだから、その気があると思ってしまったという事でしょうか。 でも普通は「やめて」と言われたらやめるような。 抵抗しているのが表面上の場合もあると思ったのか知りませんが、あの嫌がり方は本気と分かりそうなもの。 分かっていてレイプしたなら、それはやっぱり問題ですね。 この映画で教訓になるのは 「いくら好き合ってても、相手がイエスと言うまで手は出してはいけない。 先走ってはいけない。」ということと 「母親の過干渉はほどほどに」ということでしょうか。 好きな人に乱暴に扱われたことが悲しくて許せないけど 間違いなく好きだった、という複雑で分かりにくい状況。 「好きだったからやった」 「好きだったら(嫌がってる私に)そんなことしない」 の、男女の考え方の溝には考えるものがあったけど。 このモヤモヤ感こそが、作り手の伝えたかったことなんでしょうかね。

  • WXYは知ってても、それだけじゃ

    4.0

    母親からの独立

    「好きだから」 「好きならそんな事しない」 そのには埋まらない溝がある。ただ、好きだった事は事実で、それを伝えられなかった、母親のおせっかいじみた庇護のおかげで。 母の庇護を振り切ってそれを伝えることで、やっと一人立ちが始まり前に進めるようになる。 そんな叙情を上手く表現した作品。

  • end********

    4.0

    ネタバレタイトルみた瞬間の違和感

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • kiu********

    3.0

    ネタバレ不満

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • tomorroww

    2.0

    主演の二人はいいが

    そもそもの脚本がよくない。 演出もよくない。 俳優がかわいそう。

  • gag********

    4.0

    ネタバレブレブレ映像は気になったが内容は良かった

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • fur********

    3.0

    ネタバレまあまあだけど主演の2人はよかった

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • dan********

    2.0

    画面ブルブル

    画面が最後までブルブル手ぶれしてるのは何? 下手なの?演出なの? 気になって集中出来なかった

1 ページ/2 ページ中