ここから本文です

THE ICEMAN 氷の処刑人 (2012)

THE ICEMAN

監督
アリエル・ヴロメン
  • みたいムービー 59
  • みたログ 310

3.27 / 評価:172件

必殺仕事人

  • 沢口なつき さん
  • 2017年5月7日 2時01分
  • 閲覧数 635
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

家族を愛し、裏では殺し屋稼業・・・これって必殺仕事人と同じ。


心理学者いわく二重人格らしく完全に 分けて考えているらしい。

幼少の頃父親に虐待されまくったのが原因、兄はその虐待中に死亡、弟は幼女をレイプし殺害して服役中。

自身は14歳で初めての殺人を犯す。

家庭環境最悪ながら愛する人に出会って家庭を持った。

彼は家族のために生きる、、、 数百人の他人の命を犠牲にして。


一般人ながら目つきが氷のようだとマフィアに見初められて殺し屋になる。
氷のように冷酷だとも称される。


しかしなぜアイスマンと呼ばれているかと本当のことを言うと、 殺しの相棒が移動アイスクリーム販売車をやっていて、 当初は相棒ではなくアイスマンがアイスクリーム屋をやっていたと思われていたため。


作中ではかっこいいことを言っているがアイスクリーム屋のアイスから来ている。


ちなみにこの相棒の移動アイスクリーム屋さん、犯行時刻をわからせないために殺害した人間をこのアイスボックスで冷凍していたらしい、そして同じアイスボックスから子供達にアイスを売っていたらしい、、、。


ほんとどういう神経してんだか理解に苦しむ。


この奥さんも手記を出していて、そこで「 薄々怪しいとは気づいていたが今の生活が壊れるのが怖くて追求することはしなかった」と、書いている。


女性に多いパターンだが不良やヤクザでも自分にだけ優しければ良いという人は結構いる。


自分と家族さえ良ければと思い数100人殺したアイスマン、 奥さんもまた同じことを考えていた。


子供を虐待しまくっていたアイスマンの父親、その最悪のツケが数十年後に自分とは関係ない人たちに降り注ぐことになった。


やはり未来のために、今この瞬間に正しい行いすることが大切なのだと私は教訓を受け取った。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 不思議
  • 不気味
  • 恐怖
  • 絶望的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ