ここから本文です

THE ICEMAN 氷の処刑人 (2012)

THE ICEMAN

監督
アリエル・ヴロメン
  • みたいムービー 60
  • みたログ 313

3.27 / 評価:175件

本当にあった殺し屋の話し

  • motorhead_lemmy さん
  • 2014年4月20日 23時07分
  • 閲覧数 877
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

う~ん、全体的に微妙な内容ですねぇ~。
殺伐とした雰囲気はあるんだけど、中途半端な設定で、チグハグとした印象。

実話に忠実といった中身かな?
ただ、主人公の描写が弱く殺し屋になった経緯など、もう少し細かに描いて欲しかったかなと。

で、そんなに家族を大事に想うなら、素直に裏稼業から足を洗うべきだったのでは…と、突っ込みを入れたくなったし、何故、真面目に働こうとしなかったのか。
大いに憤りを覚えた。
(いや、これがフィクションならば映画として普通に楽しめたのかもしれないですが)

それと、弟の邪念を消し去りたいのなら、尚更ね。
名前も変え、姿を消し静かに暮らすとか、"家族を守る"っていう必死な想いが全然伝わってこなかった。

身勝手に我が道を貫き通すのは同じ男として理解出来なくもないが、妻と子供を巻き込むな、と。
はっきり言って、残された妻と子供が不憫でならない。
人の道から外れた行為をした挙げ句の果て、後悔するとは無能以外の何物でもない。

懺悔をして赦される問題でもないし。
エンディングのテロップで表示されるが、殺されて然るべき行いを散々してきた訳だし、同情は全く出来ないね。
殺しの人数100人だって?
「後悔先に立たず」だろ!ってね。

何度も言うが、残された妻と子供が可哀想。
(臆測ですが)不幸の道を辿ったんじゃないの?

初めから結婚なんかせず、一人でやってろよ!って感じ。

また言うが、これが、フィクションならば映画として評価出来るかも?

因みに、レイ・リオッタは渋いクールな役を演じてますが。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ