ここから本文です

ケンとメリー 雨あがりの夜空に (2013)

監督
深作健太
  • みたいムービー 10
  • みたログ 87

3.22 / 評価:51件

RCサクセシオンですか。

  • kun***** さん
  • 2015年9月13日 9時39分
  • 閲覧数 1512
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

早逝された人気バンドボーカルの方 いまわの って馴染みが無いので私は
見るべき映画じゃ無かった様ですが・・・
その方を好きで仕方が無い人には、結構納得の これ好きって映画に成るのでしょうね。
いまわのサンのロックとヤザワのロックの違いは良く理解出来無いですけど、
バラードのヤザワさんのは確かに脳髄に来ますけどね。
人気的にどうなんでしょうか?ヤザワキチガイは良く知られてるけどイマワのキチガイは聞いたこと無いような。
なので私には最初っから見ても仕方が無い映画でしたね。
私はこれ、漫画が原作なの?って探ったのですがどうもオリジナルの様で、違う
かな?
疲れたサラリーマンが唯一支えられてるのが、イマワのサンの音楽って事で、
随所に出て来る。
マレーシアに営業に行く途中、飛行機が乱気流で予定空港以外の辺鄙な空港に降ろされてってとこからが始まりに成る。
ここは結構ドラマ的に面白い部分になるから、他のドタバタは削ってもっと丁寧に描けば良かっただろうにと、製作者 惜しいな って感じましたね。
思わぬ事態で、言葉が通じない、習慣が判らない、困った状況のまじめな日本人ってだけでワクワクする。
インド美人の泥棒のエピソードは一見面白いと思うだろうけど、小手先感だけって感じで、そう言う、とって付けた様な、面白いだろうはせっかくの設定を
台無しにしてしまってる。
アソコは普通で良い。
真面目な日本人が、会話が通じないもどかしさ、不安を表情で綴るべきだった。
自動販売機とか、有り触れた向こうの生活の仕方が判らない、それが楽しいのだけどな、製作者は判って無い。
凄い美人がメクラで、油断してたら財布をすられバイクで逃げられた・・・
油断も隙も無い、悔し~
まあ、こういうありきたりのコメディ要素で受けを狙うって、素人。
中高生れべる。
大人の悲哀嘆きを丁寧に真面目に描けば、そこが爆笑を誘う場面に成るって事が
判って無い。
まあこういう映画しか作れないのならコメディは止めた方が良いと思う。
人を笑わすのは至難の業だ。
おふざけで人が笑わせられると思ってるのなら大間違い。
いまわのが好きな人はレベル的に低いって事かな?
音楽は泣かせるのがプロ、
笑わせるのは素人とよく言う。
映画はその反対。
泣かせる映画は誰でも作れるが笑わせる映画はプロじゃ無きゃ出来無い。
なんでこう下手しか映画を作らないのか腹が立つ。
何か書いてるうちに怒りになってきてしまった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ