ここから本文です

劇場版 薄桜鬼 第二章 士魂蒼穹 (2014)

監督
ヤマサキオサム
  • みたいムービー 9
  • みたログ 50

3.43 / 評価:54件

ヨレヨレ沖田さんに涙

  • 2児母mame さん
  • 2015年4月14日 2時43分
  • 閲覧数 943
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

ゲーム(奇譚、随想、黎明)済み
TV版(碧血録、雪華録も含む)鑑賞済み
映画は第一章は映画館にて鑑賞済み

そんな主婦です。

本作は出産後で映画館には行けず
TSUTAYAでやっと出たので
待ちに待って第一章とともに鑑賞しました。

私の中で、うまい具合に
話しをコンパクトに、かつ
どの隊士もまあまあ丁寧に描けていた第一章の評価は高かったので
ちょっとハードルは上がってしまいましたが。

第一章のクライマックス
綺麗で切なくてカッコよく
余韻を残してだったので
どう繋げてくるのかドキドキでしたが、、、
第二章はそこから飛んで
鳥羽伏見の戦いはあっさり終わってて、いつの間にか甲州まで飛んでました。

隊士は洋装になり
山崎さんも存在ゼロ
もう話しは会津方面に退きながらの苦戦な状況下。

歴史上でももちろん
後半の戦いは新選組の大敗運命であることは周知のことかと思いますが、

新選組の散っていく様
各隊士の最期
そこに絡む千鶴
羅刹の末路
そして
土方と風間の決戦
エンディング

とにかく多くの要素を見せたいがために、どこもかしこも駆け足で
通り抜けていくような描き方に。

オリジナル要素ももちろんありますが、第一章のようにコンパクトには
なっておらず。

これゲームやり込んでない人や
黎明録知らない人は
かなりおいてけぼりかと。

平助くんの消えるシーンは
一番ウルっとしたのに
その直後の沖田さんの
まさかのあっけないフェードアウト。

沖田ファンとして
「え、そこで消えちゃう!?!?」
と突っ込みを入れてしまいました。

TV版の沖田さんの最期が
あまりにカッコよく泣けるので
ここだけは本当にショック。
そうじゃなくても、
第二章での沖田さんは
刀を杖代わりにおじいちゃんみたいに
ヨレヨレだし。
絵もバランス悪くて足がヒョロヒョロで、見るからに惨め。
最期くらいもう少しカッコよく
千鶴との絡みも多少含めて
見せて欲しかった。
酷いです(涙)

土方ルートとして
あくまで土方さんに集約させるんだなと期待したけど、土方さんの描写も
残念でした。

第一章はクールで千鶴だけに優しくて
カッコ良かったのに、
第二章は呻く、叫ぶ、落ち込む、シーンが多いように思いました。

ラストの風間戦も
絵がちょっと崩れすぎで
TV版と変わらない仕上がり。

もうちょっと映画っぽい
感動の終わり方が良かった。
第一章の吉岡あいかさんのエンディングソングは震えが止まらなかったんだけど。

物語としても各隊士の生き様をもっと
フラッシュバックさせるとか
(井上さん、山崎君を含め)
余韻を感じさせて欲しかったな。
歌は儚く切なかったんだけど。

風間さんも今回はまともな演出で
(第一章の「演歌の大御所登場!!」
みたいな演出はさすがに今回はなく)
カッコ良かったのに、
最後はけっこうあっさり退場。
あれ?決着つかず?

この第二章は全体的に
色々見せようとしすぎで
どれも消化不良で
第一章の完成度には
追いつけずで終わってしまったようです。悔しい。

☆良かったところ
・背景の描き方
・平助の扱い
・風間と千鶴の下り

くらいでしょうか?

ちょっともったいないな〜。
映画館に行かなくても
良かったかな。。。
という感想です。

とにかく沖田さんかわいそうだ(涙)

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • 勇敢
  • 切ない
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ