ここから本文です

東京に来たばかり (2012)

初至東京

監督
ジャン・チンミン
  • みたいムービー 2
  • みたログ 14

2.94 / 評価:16件

解説

日本への留学経験もある『純愛 JUN-AI』などのジャン・チンミンが監督と脚本を担当し、倍賞千恵子を主演に迎えた感動の人間ドラマ。東京と千葉を舞台に、囲碁が取り持つ老婦人と中国人留学生の不思議な縁を映し出す。天才棋士を『スプリング・フィーバー』のチン・ハオが演じ、彼と親しくなる主人公の孫を『カミュなんて知らない』の中泉英雄が好演。異国で出会った人々と家族のような絆を育む青年の成長物語が胸を打つ。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

故郷で天才棋士と呼ばれた中国人留学生の吉流(チン・ハオ)は、囲碁の腕にさらに磨きをかけるために東京へとやって来る。アルバイトも見つからず、囲碁を打つ時間もないまま数か月が過ぎたころ、彼は行商をしている老女の五十嵐(倍賞千恵子)と知り合う。純朴な吉流を気に入った五十嵐は彼にアルバイトを紹介し……。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ