2014年1月31日公開

ザ・イースト

THE EAST

1162014年1月31日公開
ザ・イースト
3.4

/ 239

11%
34%
37%
16%
2%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

健康被害や環境汚染の元凶とされる企業を敵視し、抗議活動を行う環境テロリスト集団のイースト。元FBIエージェントのサラ(ブリット・マーリング)は、テロ攻撃にさらされる恐れのある企業の依頼を受け、彼らのアジトへと潜入して捜査をすることに。企業に対する彼らの過激な姿勢の数々に怒りを覚えるサラだが、健康被害の実態を目の当たりにし、その根絶に挑むイーストの思想を理解するようになる。さらに、謎めいたリーダーのベンジー(アレキサンダー・スカルスガルド)に惹(ひ)かれ、心が激しく揺れ動く。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(69件)

知的16.2%不気味12.8%切ない12.8%勇敢11.1%悲しい7.7%

  • her********

    2.0

    お粗末

    シナリオも演出もあまりにもお粗末。 何も描けてない。 底が浅すぎる。

  • 名無しの権兵衛

    2.0

    つまらない

    つまらない

  • skb********

    3.0

    テロリストに狂気さが感じられない

    話の大まかな展開は まずまずといった所で 正義とは何かを考えさせられる作品となっている。 しかしながら 書かれている内容は 今更すぎるくらい単純であり テロリスト達も現在世界で大暴れしているどこぞの奴らとは異なり狂気性というか恐ろしさが全く感じられず、 テロリストというよりも大学にあるサークルを装ったカルト団体という感じで緊張感が今一つ感じられなかった。 それが残念です。 中学生と高校生向きの作品かな

  • mr_********

    2.0

    すべてに物足りない。

    潜入捜査ものは、いつ主人公の身元がバレるかスリリングな展開が期待される。 この映画の潜入先は犯罪組織、とは言っても環境テロリストのザ・イーストという組織だ。 だがその組織の実態は、ほぼ素人集団、というところがまず物足りない。  そこに元FBI捜査官だったサラ(ブリット・マーリング)が潜入する。 そのサラが所属する組織はテロに狙われそうな企業に情報を流すための民間企業だ。 そんな会社あるのかな?という疑問がまず湧いてくるが、それはともかく、実際の活動方法があまりにもお粗末すぎる。 やることは捜査官の単独行動にまかされていて、連絡方法も携帯だけ。 普通なら、チームを組んで綿密な、それこそホウレンソウ(報告、連絡、相談)があって、更に緻密な行動が必要とされるはず。 でなければ、捜査官の命にかかわるはずだが、テロリスト組織のザ・イーストものん気でサラを疑うことも無くメンバーの一員に加えたりしている。 そんな状態なので、ハラハラドキドキも一切なく映画は淡々と進んでいく。 その後の製薬会社のパーティーへのテロ攻撃や、サラの会社への裏切り行為とかあるけど、脚本が荒すぎるので興味が薄れてくる。 主演のブリット・マーリングは美人だし、脚本にも参加する才能のある人のようだ。 しかし、脚本は以上の通りだし、演技も無表情で何かもの足りない。 観ている方も感情移入がしにくい感じ。 この映画ではエレン・ペイジがさすがの演技をしているので、それを参考にして演技に磨きをかけて下さい(笑)

  • mey********

    4.0

    少し物足りない

    企業を悪どく、テロリストを善人として描いているので少し浅く感じた。 テロリストにはやはり狂信的なところがないと。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ザ・イースト

原題
THE EAST

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日