レビュー一覧に戻る
超時空戦記 レヴェレーター

ang********

1.0

唖然茫然

なんかもう、見る前から残念無念な内容が確信出来る邦題。 そしてその予想・想像が余す所無く完璧に実現された映画。 もう酷い。まず、 「誰が」「何の目的で」「そこにいて」「これから何をするのか」 が全然解らない。 唯一良かったのは、セットのみ。非常に凝った造り。 何て言うか・・ブレードランナーとエイリアンを足した様な。 「不燃ゴミ置き場に二年放置されていたキーボード」を数台並べた様なコックピット。非常に味が有る。造形のデザインも素晴らしい。 でも駄目です。 どんなに映像が・・いや、セット(それもごく一部)が良くても全体が。 何も伝わって来ないんですよ。「主人公の気持ちが解らない」なんて高尚な理由じゃなく「背景」「設定」「目的」「行動指針」が全く解らない。 小さな子供に「お休み、何してたの」と聞く様な感じ。 大人が返答するならば 「連休を使って、車で高速を走り妻の実家に帰省。入院中の祖母を見舞い、帰りに近くの牧場に寄って馬と牛に触らせて貰った。良い連休だった」 と答えるのでしょうが、小さな子供になら想像ですが 「んーと車で、いっぱい走って、焼きそば食べて、病院にも行ったの。あ、あと大きな動物にも触った」 こんな感じ。まさに本映画もこんな感じ。 車で何処に行ったの。焼きそばは何処で食べたの。何人で何しに行ったの。 病院って、キミが病気にでも?大きな動物って何・・ 多分、監督の頭の中には壮大な物語が有り、完結しているのでしょう。 でもそれが全然表現出来ていない。最初から最後まで「アナタは何を」の ストレス全開の映画です。

閲覧数497