2013年11月9日公開

うたうひと

1202013年11月9日公開
うたうひと
1.7

/ 23

4%
9%
13%
0%
74%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

40年以上にわたり民話の採訪を続けてきた小野和子は、栗原市や登米市や利府町など宮城県各地を再訪。彼女を聞き手に、それぞれの土地で暮らす老人たちが幼いころから生活の一部として耳にしてきた昔話や伝説などを次々と披露する。彼らは方言を駆使し、猿に嫁入りした娘の話や、ねずみの巣穴から富を得た村人の話などを大いに語る。

シネマトゥデイ(外部リンク)

作品レビュー(3件)

不思議28.6%ファンタジー28.6%コミカル14.3%スペクタクル14.3%知的14.3%

  • aco********

    4.0

    民話語りとは何か

    ただ民話語りを聞く映画、というのではない。 民話の皮膜を一層めくった、向こう側の世界をチラチラと見せてくれる。 快い風がそよいでいるような、語り手と聞き手のあいだに交わされる時間の柔らかさ。 時に懐かしく、また時にゾクッとするような、さりげなく絶句させられるような背景も垣間見える。 方言で、時々何を語っているのか分からないようなところも、まどろみの小暗い夢のような心地になる。 語り手と聞き手があって成立する宇宙。 語り部の人生と聞き手の人生。 「もう一人の誰かがいるということ、もう一つの世界があるということ。それを認識することが、この世界を生きてゆく上での力になるんじゃないかしら」という言葉から、薄っすらと、この映画が「東北三部作」の最後にあることを思い出したりもする。 トンネルを抜けるシークエンスが何度か出てくる。 はるばると、民話を聞きにゆく。 民話もまた、トンネルを抜けて別世界に触れさせてくれるものなのかもしれない。

  • ear********

    5.0

    豊穣の民話の世界に惑う

    不思議な時間。 目を凝らし続けた映画は今までもあったが、 こんなふうに耳を傾け続けた映画体験はなかったな、 と思い至る。 意識が少しでも逸れようものなら、 方言で語られる民話の世界から弾き飛ばされ、 迷子になったように戸惑う。 民話の語り手に耳を傾ける聞き手がいて、 その対話に耳を傾ける酒井、濱口監督がいて、 スクリーンを前に作品に耳を傾ける私がいる。 幾重もの耳を傾けるという営為で成立する「うたうひと」。 映像を凝視していても、方言の語りの中で時に方向を見失い、 惑い、それすらも作品の世界のような奇妙な感覚。 方言の語りに耳を傾けるのが困難なのは、 私がその土地の生まれではないことだけが理由ではない。 世代によって方言も大きく変わっていく。 そう考えると、この方言で語られる民話の豊かな世界は、 なんて脆弱な地平の上でいま、 私たちの前に差し出されているのだろう。 少し怖くなる。

  • とみいじょん

    4.0

    これまでも、これからも繋いでいく地盤…

    監督の一人とプロデューサーのトークショー付き観賞会で視聴。 「東北記録映画三部作」の最終章に位置付けられた映画。 1、2章と違い震災の話・画は一切出てこない。1、2章を撮っている時に、民話語り部を撮る話が現地から持ちかけられ、偶然、必然的にこの作品が最終章と言う位置づけになったそうな。 語り部たちの語る民話と、その語り部の半生・民話との関わりについてのインタビューで構成されている。   初め硬かった語り部たちが、だんだんと柔らかくなってくる。特に玲子さんの上品な年輪を重ねた艶っぽさ。ああ年をとるのも良いもんだと思う。 小野先生を中心に語り部4人の、場面によってはもっとたくさんに方々の、炬燵を、テーブルを囲みながらの二人もしくは数人での会話を撮っているはずなのに、時に真正面に映画を観ている私達に相対して語られる。えっ、どうやって撮っているの?カメラはどこにあるの?そんな不思議な空間。監督から種明かしをされれば、そうか、面白い、なるほど、そういう手があったか。 そして合間に挟まれる景色の美しさ。 正直、語りは方言で、わかったようなわからなかったような。 でも何故だろう、何か浮遊していた自分の魂が、過去・現在・未来に繋がり、地に足が付いた気分にさせられる。 東北は、日本は、今までだってたくさんの災害他に飲みこまれ、翻弄されてきたけれど、ああ、昔からの営みと景色はずっと続いてきたし、続いていくんだなあ、としみじみと感じいる。大地からエネルギーを頂き、自分も大気に放出している気分。 自分達が欲しい話・画だけを搾取するようにとっていく報道番組とかでありがちなものではない。監督達が人の中に入り、関係を紡ぎ出した中で生まれ、丁寧に作られた作品です。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
うたうひと

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日