2014年4月19日公開

レイルウェイ 運命の旅路

The Railway Man

1162014年4月19日公開
レイルウェイ 運命の旅路
3.7

/ 407

24%
38%
25%
8%
5%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(97件)


  • wfm********

    4.0

    実話を元にしてます

    実話を元にしていると知らないと、なんか退屈で最後まで見ないかも。実話なら設定、ストーリーでは本当にそうなのだから減点できない。

  • zas********

    4.0

    重いテーマ

    そんな綺麗事で終わるのかーと思いながら涙がでた。 PTSDの描き方が絵空事っぽい点と、日本人役に韓国人や中国人を使うから日本語が聞き取りにくい点、表情を見せるための間が長すぎる点がマイナスだけど、なんと言っても実話ベースで、ラストに本人の写真ってのは定番ながら感動する。 ニコールはやはり美しい。

  • pip********

    5.0

    壮絶だが忘れてはいけないものが!

    この映画自体が実話に基づいたものと判っていてもものすごく考え させられた。 命より重いものはないと言うセリフを今の政治家は身に滲みさせて 国民の命を考えた方がいい。 最近のラストフルメジャーといい現代人は見るべき映画である。 こんな歴史があった事は人類は忘れてはいけない。

  • nop********

    1.0

    ネタバレあっさり

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • fiv********

    5.0

    今までこんな素晴らしい作品を知らなかった

    こんな素晴らしい作品を今まで知らなかった。 主演はコリン・ファースとニコール・キッドマン。 名優の共演に加え日本から真田広之さんが出演している。 第二次世界大戦中に旧日本陸軍が建設したタイとミャンマーを結んだ泰緬鉄道にまつわる実話。 この鉄道は、「死の鉄道」と呼ばれるほど大量の死者を出す過酷な建設労働が有名。 その建設に動員されたのがコリン・ファース扮するイギリス軍捕虜。 内容は、そのイギリス軍捕虜が旧日本陸軍から受けた体験によるトラウマからの再生が描かれている。 この作品は、イギリスから見れば悪者であるはずの我々日本人でも素直に戦争の悲惨さ感じられる描き方が素晴らしい。

  • yfi********

    3.0

    ネタバレ派手さはないが良い作品

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ナナ

    5.0

    深く考えさせられました

    単に「真田広之さんが出ているから」という軽い気持ちで観た映画でした。しかし、ラストの方では涙が止まりませんでした。 恥ずかしながら、泰緬鉄道のことを私は知りませんでした。こういう事実があったことを、日本人の多くが知らないのではないかと思います。よく、自国の加害を認めることを「自虐史観」という人がいますが、それは全く的外れな指摘でしょう。 自分の国を大切に思うなら、自国が与えた加害にも、自国が受けた被害にも、真摯に向き合う必要があると思います。それこそが国を想うことであり、その勇気を持たない人たちは愛国を語るべきではないでしょう。 国の始めた戦争で、被害者にさせられた人も加害者にさせられた人も苦しめられるという、体温を感じる映画でした。 秀逸。ぜひ、多くの人に観てもらいたいと思いました。

  • hal********

    4.0

    ネタバレ邦題なんとかせい

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • riz********

    1.0

    矛盾してる

    怒りのほこさきが違うでしょ。この主人公、異常。真田さんもいいなり過ぎて変なの

  • tom********

    4.0

    ネタバレ日本人として知らなくては

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ayu********

    3.0

    拷問された人とした人

    なんで許せるようになったか 心の変化点が分からんかった。 実話だと思うとすごいなぁ。とは思う。

  • Cas**********

    4.0

    実話の重み

    実在の方の自伝、実話ということで、とても切ない映画でした。 第二次大戦と一言で言っても、様々な悲しみが至る所で起きていたんだ、戦争をするのは1人の人間が集まって行われていたということが想像できます。 最後に友達になれたということがせめてもの救いですね。 そしてもう一つ驚いたのが、原作の方と、和解した日本兵の方が亡くなったのが2012年という、ほんの数年前ということです。 そう考えると第二次大戦や、太平洋戦争なんてほんのちょっと前のことなんですよね。 ずっとずっと忘れてはいけないことだと思います。 この映画を作ってくれた方々に感謝です。 暗い映画だと終わらせてはいけない映画だと思います。

  • tky********

    4.0

    感謝と敬意

    このような出来事をきちんと映画にされた方々の志に感謝と敬意を表します。

  • 柚子

    5.0

    憎しみの連鎖を断ち切る

    公開されてすぐ映画館へ見に行った だが、お客さんは数えるほど コリン・ファース、ニコール・キッドマンといった、世界的に名の通ったスターが出ていても、宣伝もされず、知名度ゼロだったと記憶する (今、個人的にシネフィルWOWOWで放送している映画を全部見てみよう~ってのをやっていて、改めて見た次第(吹き替え版と邦画は除く)) 本作は、一人の日本人が一個人として、自分がやってきた行いに対して悩み抜き、謝罪する話しであり、国対国の話しではないので、本当に切なくて心が軋むような思いで見ました 日本軍の非情さは、想像を絶するものがありますが、末端の日本軍兵士もまた、被害者であることに違いはないのですね

  • aya********

    5.0

    ネタバレ忘れてはいけない戦時下で起こった実話

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • lad********

    3.0

    ネタバレとても綺麗に纏まった戦争映画

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • サラ

    3.0

    戦争は人間を残酷にさせる

    コリンファースとニコールキッドマン♡と軽い気持ちで鑑賞しましたが、ものすごく重い作品でした。 この作品を見るまでこのカンチャナブリーでの出来事を全く知りませんでした。日本人側目線で鑑賞すると前半は辛いです。 戦争という極限状況において人間は残酷になるんだという事実として受け止めたい。

  • bmw********

    4.0

    悲しいドキュメンタリー映画

    戦争による後遺症に苦しむ人間ドラマを、見事に表現している。 決して日本を擁護するわけではないが、西欧諸国では当時アフリカ、インド、アジアなど、植民地政策で多くの利益を得、それを打開しようと日本は植民地解放に向かい、こういう悲惨なドラマを生みだした。 決して個人を責めることはできないが、拷問殺戮はあってはならないことを痛感する。 最後のシーンでは涙無くしては見られない感動を覚えた。

  • Tomtom

    2.0

    全く感動しなかった。

    こういう話はどうしても作った側の視点から描かれるので好きではありません。 戦争はお互いの言い分があるのでどっちが悪いとかは永遠に平行線ですね。 それに折り合いをつけないといつまでたっても終わらない。 ローマクスが何故永瀬だけをあそこまで恨んだのかが全くわかりませんでした。 永瀬はあくまで通訳で拷問には手を下してないし、 私なら恨むとしたら直接手を下した人を恨みますが。 彼の自叙伝とのことなのである程度は彼の思い込みやら記憶違いもあると思います。 記憶なんて何十年も経つと自分に都合のいいように置き換えられるものです。 少し嬉しかったことが凄く嬉しかった記憶になったり、 少し意地悪されたことが凄く虐められたことになったり。 逆の場合もあるでしょう。 その時の精神的なものも関わってくるし。 日本が全く悪くないとは言いませんが戦争っていうのはそういうもんだと思います。 どっちもどっち。 それがエスカレートすることはあるでしょうけど 人間だからね、周りの状況もあるし、 仕方ないとは言わないけど難しい問題です。 戦争という状況は人間を狂わせる。 にしても戦争が終わって何十年もたってるのに 恨みを晴らすために再度現地に行くという心理が私には全く理解できませんでした。 私なら早く全てを忘れて新しい生活を送りたいし、 嫌な思い出の場所になんか二度と行きたくない! ローマクスはかなり執念深い人間だなと逆に怖かったですね。 体に不自由があったら一生忘れることはできないかもしれませんが 五体満足で戦争から帰れてるんだからまだマシだと思うのですが。 あんなことしてるんだから普通なら銃殺されててもおかしくない状況だったのにね。 とにかく終始暗くて見終わった後も重くて嫌〜な気分になる映画でした。 因みに私の祖父は戦争で亡くなりました。 遺骨も戻ってきていません。

  • クボタ テルト

    2.0

    勝った側はいつもただしい。

    日本軍の残虐なシーンがセンセーショナルに使われており、GHQが日本人を洗脳した自虐史感を更に擦りつける。昔観た戦場に架ける橋の無情感の方がテーマ性は優れている。。

1 ページ/5 ページ中