ここから本文です

エンダーのゲーム (2013)

ENDER'S GAME

監督
ギャヴィン・フッド
  • みたいムービー 130
  • みたログ 996

3.10 / 評価:640件

人文科学的な話だからなぁ

  • kii******** さん
  • 2021年1月10日 23時19分
  • 閲覧数 226
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

まだ読んでいない方には原作を読むことを強くお勧めするよ.

宇宙環境を背景とした物語ではあるが,原作の肝となる部分は他種族理解,人間関係,成長と感情という内面的で日常的で画になりにくいもの.オープニングセンテンスに出ていた「打ちのめすことができるほど敵をよく理解すると,まさにその瞬間に相手をかけがえのないものと思う」的なことが原作のテーマであり,エンダーの突出した能力.

話の複雑な部分を表現しきるためには兄弟との関係やバトルスクールでの戦いから生まれる人間関係,エンダーの成長のために意図的に与えられるストレスは重要な部分なのに映画にすると2時間弱では足りず,ビジュアルインパクトのある部分(バトル)にフォーカスと金が行かざるを得ない.

原作の核をまるごと伝える意図があるならば,Star Wars風に複数部の構成にして派手なバトル中心の部分から公開し,エンダーの過去の成長はエピソード1としてあとから公開にするほうが良いかな.でも子供が主人公だと難しいだろうし,SF好きで理解のあるプロデューサーと巨額の資金がいるな.

フォーミックの惑星を殲滅してしまったエンダーが,最後にアリの女王(の卵)と出会ってフォーミック種を復活させることを約束して終わるが,興行的に続編は作れなかったのかな.

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • ファンタジー
  • スペクタクル
  • 知的
  • 絶望的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ