レビュー一覧に戻る
人生がときめく片づけの魔法

おおぶね

4.0

もう少し工夫があったら

 昨日放送された。映画じゃない。  前から有名な近藤さんの「人生がときめく片づけの魔法」である。  その後10枚は捨てたから少しは役立ったと思う。  もちろん、すごいドラマじゃないけれど。  捨てられない。  捨てたとたんに必要になったことも多いからだ。  思い出もある。  人類学者の梅棹忠夫は<文明>と<文化>の違いについて簡潔に述べた、 『 文明とは 腹の足し になるもの、 文化とは 心の足し になるもの 』 この<心の足しになる>・<腹の足しになる>という表現は、漱石の<道楽>・<職業>という言葉を、鮮やかな切り口でイメージ化している。 ・<文明>とは、技術や機械の発達・進歩に重きを置いた物質的所産であり、<腹の足しになる> ・<文化>とは、社会の風習・伝統・思考法・価値観などの精神的所産であり、<心の足しになる>  と考えている。  だから、捨てれないんだな。    番組としては、まあ普通だった。  コツがあまりにも少なくて、伊丹十三映画の100分の1だと思った。   もうちょっと情報があったもよかったのではと思う。  整理された番組だって!?

閲覧数681