ここから本文です

赤々煉恋 (2013)

監督
小中和哉
  • みたいムービー 28
  • みたログ 133

2.98 / 評価:98件

悲しい話。

  • mr_***** さん
  • 2019年1月9日 22時01分
  • 閲覧数 237
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

直木賞作家・朱川湊人の短編集「赤々煉恋」の中の一篇「アタシの、いちばん、ほしいもの」の映画化。

主演は最近は元気いっぱいで明るいキャラの土屋太鳳。
ここでは自殺した女子高生で成仏できず、街をさまよい歩く霊、樹里を演じる。
樹里は精神が不安定な人間に取り付き、自殺させてしまう昆虫のような虫男、虫女が見える。
実は彼女が自殺した時も虫男が取り付いていたのだった。

彼女は誰にも気づかれないので幽霊、というわけではないのだが公園で偶然出会った少女にだけは存在を知られてしまう。
久しぶりに他人とふれ合い、楽しいひと時を過ごす樹里。
しかし、まもなく戻ってきた少女の母親に虫男が取り付いていた!
母親は少女を道連れに高層団地から投身自殺を図る。
なんとか、やめさせようとする樹里だが・・・。

楽しい映画ではない。 救いのない辛い話。
冗長な部分もあるが、樹里の母親が彼女の誕生日に小さなケーキを供えた時は悲しかった。
自殺した本人は辛かったのだろうが、残された家族の悲しみはいつまでも消え去ることはない。

そこをもっともっと強調してもらいたかった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • 不気味
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ