ここから本文です

瀬戸内海賊物語 (2013)

監督
大森研一
  • みたいムービー 141
  • みたログ 264

4.37 / 評価:329件

解説

南北朝、室町、戦国時代にわたって、瀬戸内海で活動した海賊衆、村上水軍をモチーフに、海賊の血を引く少女が村上水軍の財宝を求めて冒険を繰り広げるドラマ。海賊大将軍、村上武吉の末裔(まつえい)にあたるヒロインが見つけた笛が埋蔵金の謎を示すものだったことから、お宝探しに挑む姿が描かれる。監督は、『ライトノベルの楽しい書き方』『恐怖新聞』などの大森研一。オーディションで選出された柴田杏花が主演を務め、内藤剛志や石田えり、小泉孝太郎らが脇を固める。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

戦国時代に存在した瀬戸内海の水軍、村上水軍。その海賊大将軍、村上武吉の血を引く少女、村上楓(柴田杏花)は蔵で1本の横笛を見つける。何とそれは、村上家に伝わる村上水軍の埋蔵金の手掛かりとなる笛だった。その頃、楓の住む島と本土を結ぶフェリーが路線廃止の危機に陥っていた。楓は島の窮地を救うため、激流の瀬戸内海へ仲間と向かうが……。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ