ここから本文です

エレニの帰郷 (2008)

TRILOGIA II: I SKONI TOU HRONOU/THE DUST OF TIME

監督
テオ・アンゲロプロス
  • みたいムービー 40
  • みたログ 107

3.53 / 評価:70件

「私はどこへ行っても難民なの」

  • iyayo7 さん
  • 2015年7月17日 22時04分
  • 閲覧数 687
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

第一作の「エレニの旅」でエレニが言う印象的な台詞、「私はどこへ行っても難民なの」、このエレニが帰郷するのだが、どの国に、という疑問があった。
エレニの息子は映画監督(ウィリアム・デフォー)、アメリカからエレニ(イレーヌ・ジャコブ)とスピロス(ミシェル・ピッコリ)をドイツに呼び寄せる。
エレニと名付けた孫娘と会うのを楽しみにしていた。
エレニのもとにユダヤ人のヤコブ(ブルーノ・ガンツ)が訪ねてくる。
前作は圧倒的で壮絶な映像美に見入ってしまったが、力強い映像は健在ではあるものの、前作ほどではなかった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 知的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ