2014年2月15日公開

土竜(モグラ)の唄 潜入捜査官 REIJI

1302014年2月15日公開
土竜(モグラ)の唄 潜入捜査官 REIJI
2.6

/ 1,964

11%
17%
27%
15%
30%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

正義感は強いものの警察署きっての問題児の巡査・菊川玲二(生田斗真)は、上司からクビと言われてしまう。しかし、内実は関東一の広域暴力団・数寄矢会の轟周宝(岩城滉一)を逮捕するため、モグラこと潜入捜査官になれという命令だった。偶然にも傘下の阿湖義組若頭・日浦匡也(堤真一)と親交を深めた玲二は、数々の試練に見舞われながら轟に近づいていく。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(392件)

笑える21.4%コミカル15.2%楽しい14.1%かっこいい10.7%勇敢8.7%

  • ike********

    3.0

    クドカン作品ぽい〜

    クドカンぽいな〜って思ってたらほんとにクドカンでびっくりwww 裸と突然ミュージカルwww 評価が分かれる作品とは思いますが面白かったですよ。 なんでこんなに評価低いんだろうw

  • sak********

    4.0

    こんなもんでしょ

    実写化無理だと思ってたので、意外に世界観描けてたのかと思います。 娯楽映画としてはなかなか

  • asa********

    4.0

    予想外に胸アツ

    普段は、興味をそそられない系統の映画ですが、食わず嫌いせず観てみようかなと、気まぐれで鑑賞。 結果、面白かったです。 ハチャメチャですが、主人公がちゃんと一本筋が通っているので、絶対的な安心感の元、ハラハラドキドキする・・・という、娯楽映画の醍醐味を満喫できました。 映画等でヤクザ界を見てよく思うのですが、その忠誠心とか行動力、仲間を守ろうとする気概等を、もっと別のことに活かせたらカリスマヒーローになれるのに・・・。 自分の身を盾にして、弟分を守るとか、昔お世話になった兄貴のご両親に親切にするとか、(まあ、ほとんど堤真一さんのことですが)、なかなかできないですよ。 何かに情熱を傾けて、必死に生きてみたい。 人生をかけて何かをやり遂げたい。 というような、漠然としたヤル気が漲り、胸アツになりました。

  • taf********

    2.0

    ヤクザもん×コメディ

    三池崇史監督はいろんなテイストの映画が撮れて凄いですねぇ。 生田斗真の裸が観れるので女性必見ですね。 ジャニーズと言うか、 俳優でもこんなセミヌードになるのって珍しいですよね。 ストーリーもノリもそんなに面白くありませんでした。 もう少し、どエロいシーンとバイオレンスな戦闘と、潜入捜査なのだから、もう少し緊迫というか、緊張感があったりしても良かったと思いますが、クドカンはそう言ったシーンを作るのは得意ではなさそうですね。 ディカプリオのディパーテッドとかは程よい緊張感があったので、あんな感じがあったら結構何度も見てみたい面白い映画だったのになぁと思いました。 三池崇史で好きな作品は 悪の教典 藁の楯 神様の言う通り

  • nisan

    3.0

    歌ってるのはなんで??

    まあ、コミック映画なので、、、こんなモンでしょ!

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
土竜(モグラ)の唄 潜入捜査官 REIJI

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日