ここから本文です

乙女の汚れた裸 (2013)

BEZ DOTEKU

監督
マテイ・フルパチェク
  • みたいムービー 3
  • みたログ 28

1.61 / 評価:18件

想像ですが

  • Pamukkale さん
  • 2019年11月27日 21時18分
  • 閲覧数 61
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

想像ですが前半が現実で後半が催眠療法(というのかな?)中の世界。

少女ヨラナは義父との子の妊娠を母親に打ち明け、堕胎手術を受けに行き、娼婦ヨラナの後半パートへ。

母親は意地悪で嫉妬深い先輩娼婦、義父は執着心の強い恐ろしい娼館のオーナー、ボーイフレンド候補は王子様モドキの体目当て男、友人は頼りになりそうでなれないバーの女性。
一見幸せな家族は閉鎖的で逃げられない娼館。

レイプによって、あたたかで寛げるはずの家は、逃げ場のない苦痛しかない娼館になってしまった。

それでも家族の形や母を守るために彼女は産みたかった子供も諦めるしかなかった。心も押し殺して。

その秘密をカウンセラーに打ち明けた時、彼女はやっと笑えた。

という感じかなと想像します。

雪が降っているのにノースリーブだったり、色々とわからない部分がありますが、終始、緊迫感があり一気に見ることができました。
ほかの俳優もさることながら、母親の神経質な演技がとても怖くて良かったです。

この手の映画はタイトルが良くないですね。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ファンタジー
  • 不思議
  • パニック
  • 不気味
  • 恐怖
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ