ここから本文です

ゲノムハザード ある天才科学者の5日間 (2013)

監督
キム・ソンス
  • みたいムービー 101
  • みたログ 795

2.75 / 評価:537件

難しいのが難点のど飴

  • shp***** さん
  • 2015年5月23日 6時48分
  • 閲覧数 1228
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

...............................................................................................................................................
主人公の西島は自分をイラストレータだと思っていた。
ある日帰宅したら妻の死体があり、しかしそこに妻から電話が。
そして怪しい2人に拉致られそうになり、死体が消え、謎だらけ。

西島は実は天才科学者で、アルツの薬の開発をやっていた。
そして健常な頃の記憶をウィルスごと取り出しておき、
それをボケた後に注射して戻すという方法を編み出したのだった。

ある日、研究所の所長が交通事故で人をひいてしまった。
そして被害者からウィルスを取り出して殺害、感づいた西島に移植した。
こうして西島は記憶を他人のものにすり変えられていたのだった。

西島は実は韓国人で、韓国人の女性記者に色々助けられ、
最終的に上記の事実を暴き出すが、結局全ての記憶を失ってしまう。
記憶がないことを偶然か知らんけど上記記者に相談し、
記者は初対面として西島と再会。
...............................................................................................................................................

まあまあ面白いが、話が難しくてよく分からんところが多かった。
あと途中に韓国語をやたらと挟んで来るところが面倒くさい(場)

韓国人で松重豊にそっくりな人が出てた(場)

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ