レビュー一覧に戻る
レッド・ファミリー
2014年10月4日公開

レッド・ファミリー

RED FAMILY

1002014年10月4日公開

unm********

4.0

アカく染めらた家族のストーリー。

ネタバレしない程度のあらすじです。↓ 北朝鮮からの脱北者を暗殺すべく、工作員として韓国(ミナミ)に住む四人のそれぞれ歳も異なる男女の物語。 彼等は平穏な家族として日常を演じ、本国(キタ)からの指令で脱北者(特にキタに不利益になる情報を漏らしている者)を暗殺する日々が続きます。 実は彼等はキタでそれぞれの家族を人質に取られているため、その暗殺指令に従うしかない実情がわかります。 そんな彼等の隣家はいつもケンカが絶えず家庭内が上手くいってない家族でした。 その家族が毎日ケンカして仲直りを繰り返す光景を見て一番古株の工作員の男性が思います。 「自分は家族にも会えない、ましてや孫は写真でしか見たことがない、20年ミナミにいて人を殺しても何も変わらない」 また若い工作員の男性は 「キタに残された妻とケンカすら出来ない、共に泣いたり笑ったりも出来ない」 そうして徐々に彼等は隣家の夫婦ケンカですら幸せな瞬間に見えてきて、キタのしている事や自分達のしている事に未来はあるのかと思い始め、、という話になります。 本作は、人として相手側の気持ちに立った時に人を殺してまで自分達の家族を守ることが忠誠か、正しいのか、幸せは待っているのか、 それを祖国の支配の為に「気づいていないふり」をしている事に必死で向き合おうとするジレンマが凄く描かれています。 映画としては重い内容で、フィクションであろうが朝鮮戦争から始まった悲しい現実を痛感させられる作品でした。音楽もグッと来ました。 人によって幸福の尺度は違えど、家族と過ごせると言う事に勝る幸せはありませんね。

閲覧数264