ここから本文です

祖谷物語 -おくのひと- (2013)

監督
蔦哲一朗
  • みたいムービー 55
  • みたログ 134

2.92 / 評価:111件

観終わった後の充実感がハンパない

  • taka さん
  • 2014年6月8日 23時44分
  • 閲覧数 2138
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

観終わった後に気持ちがこれほど充足されたのは久しぶり。
素晴らしい3時間だった。

なぜ主演が武田梨無なのか、しばらく観ているとわかった。
山の中を駆け巡ったり深い雪の中を歩くといったシーンが少なくない。
ならばバツグンの運動神経の持ち主である武田さんはまさにハマリ役。
アクション女優としてはその地位を確立しているが演技力は未知数と思われている彼女にとってもいいチャンス。
そして彼女は素晴らしい演技を見せた。
加えて田中さん。素晴らしい演技力だった。

確かに映像は美しい。
でもそれを求めてるわけじゃない。
美しい景色が観たいなら映画じゃなくて実際に見に行けばいい。
大阪からでも車で2時間もあれば美しい景色を見ることができる。
映像が美しいに越したことはないが、あくまでほんのちょっとしたオマケ。

本作は自然の中で生きること、自然と共存することの難しさ、過酷さを描いて秀逸である。
暮らした経験のある人なら分かるが、田舎では時間はゆっくりと流れる。
この作品は田舎の時間の流れで作ってある。
3時間の上映時間が長く感じないのは観ているうちにこちらが田舎に同化しているからだ。
だから映画としてのテンポは変わらないのに都会のシーンで間延びしたように感じるのはそのためである。
でもそれはこの作品の素晴らしさを脅かす材料にはならない。
本当に素晴らしい3時間だった。

パンフ500円。迷わず購入した。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ