ここから本文です

祖谷物語 -おくのひと- (2013)

監督
蔦哲一朗
  • みたいムービー 55
  • みたログ 134

2.92 / 評価:111件

自然と人間の共存の難しさ

  • headwayhd311 さん
  • 2014年4月19日 22時25分
  • 閲覧数 1264
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

日本映画のなかでも歴史に残る名作だと感じました。
自然と人間の共存という、人間が生きていく中で、ある意味永遠のテーマといえるテーマを鋭く描いた作品です。映画をみると好き嫌いや面白いとか面白くないとかそういう話になりがちですが、この映画はそういったレベルの話ではなく、日頃自分たちが目を向けない、目を背けているテーマを鋭く、かつ圧倒的な映像美をもってして描いている作品だと思いました。自然の中で、人間が生きるとはどういうことなのか、どのような生き方が正しいのでしょうか。私はこの映画をみて、そういったことを否応無く考えさせられました。
この映画の最大の特徴とも言えるのが圧倒的な映像美です。日本の四季の美しさ、また厳しさを描き、CGなどでは到底表すことができないリアルな自然美を感じました。この自然美をみるだけでもこの映画をみる価値が十分にあると思います。
最近はDVDやテレビなどで簡単に映画を観れる時代になりましたが、是非この映画は映画館で観てほしいと思います。もし今の映画がつまらないとか見る価値がないと思っている人がいたら、観てほしいです。
映画の力、映像の美しさを心から感じられるような作品でした。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ