ここから本文です

宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海 (2014)

監督
加戸誉夫
  • みたいムービー 35
  • みたログ 146

2.88 / 評価:145件

2202の予習にはならない

  • ef6****** さん
  • 2018年9月16日 3時40分
  • 閲覧数 201
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

2199TV版は通しで見ましたが10月から始まるTV版2202の開始に合わせて息子と予習・復習兼ね初めて視聴。
他の方のレビュー通り本当にダイジェストのダイジェストで驚きました。完全に初見殺し。戦闘シーンの寄せ集め。これならまだ旧作の劇場版「ヤマト」1作目を見た方が良いです。もっと極論言えば「方舟」の冒頭何分か見た方が良いのでは?と思うレベル。劇場でお金払って見れば確かに「なんじゃ、これ」ってなりますよね。特に2199の新要素の「森雪」「「ユリーシャ」の辺りはあまりに端折り過ぎて何が何だか誰が誰だかわからない。「古代守」も墓標はイキナリ出れど1話の「ユキカゼ」の特攻シーンは全カット。結局息子に「ここはこうで、ここはこうなる」と解説してやる羽目になりました。
ドメル戦と七色星団会戦は十分に時間が取られていて見ごたえ有りました。結局位置づけとしては「方舟」の予習用なのでしょうね。ストーリー重視でもう一本別バージョンの再編集映画を・・・って今更無理ですかね。
皆さん仰る様に沖田艦長のあのシーンをエンドロールに持ってくるとは唖然・・・正に「バカめと言ってやれ!」だ。 

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ファンタジー
  • スペクタクル
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ