ここから本文です

宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海 (2014)

監督
加戸誉夫
  • みたいムービー 35
  • みたログ 146

2.88 / 評価:145件

私がヤマトに魅力を感じる訳

  • yab***** さん
  • 2018年9月24日 6時40分
  • 閲覧数 191
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

自分はリアルタイムに第一作のヤマトを見たものですが、良く出来てると思います。総集編なので 細かいことは省かれて当然だと思います。特にサブタイトルに゛追憶の航海”とあるのですから 誰かの記憶をベースにしたのでしょう。
4年にも及ぶ あの太平洋戦争でも 社会の教科書では2,3行でしたよ。
皆さん 思い入れのあるシーンが省かれると なんじゃこりゃ? と思う気持ちは わかりますが 26話を2時間に収めるのは無理です。では3部作にしたら と思いますが、それだと あと4話足したら TV版ですよね。
追憶の航海は あれでベターと思います。
あと 沖田艦長の最後のシーンをエンドロールにしたのは 死んだことにしてない設定で 完結編 に持っていこうといているのでは ないでしょうか?
もしヤマトを後 何作か作るつもりなら さらば 宇宙戦艦ヤマト までリメイクして あとは別物を作ってもいいような気がしますが・・・
 ただ私が何故ヤマトにここまで魅力を感じてるか・・最近 やっと判りました。
第一作目の音楽です。あのテーマソング いつ聴いても力が沸いてきます。その他にも イスカンダル スターシャ など全ての名曲です。しかもベースになる曲があり それを他の曲の中に散りばめて 美しく 雄大で 力が湧いてくる・・ 全部の曲で1つの作品にしている音楽です。宮川親子 有難うございます。
この音楽がある限り 私はヤマトを見続けるでしょう。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • ファンタジー
  • スペクタクル
  • ロマンチック
  • 勇敢
  • 知的
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ