ここから本文です

アイム・ソー・エキサイテッド! (2013)

LOS AMANTES PASAJEROS/I'M SO EXCITED!

監督
ペドロ・アルモドバル
  • みたいムービー 69
  • みたログ 244

2.74 / 評価:134件

旋回する旅客機、旋回する人生

  • 一人旅 さん
  • 2019年2月26日 22時00分
  • 閲覧数 109
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

ペドロ・アルモドバル監督作。

上空を旋回中の旅客機を舞台に、個性豊かな乗員乗客たちが織りなす騒動を描いたコメディ。

スペイン映画界の巨匠:ペドロ・アルモドバル監督が手掛けたフライト・コメディで、00年代以降は重厚な人間ドラマを中心に描いてきたアルモドバルにしては珍しく能天気コメディに全力投球した異色作になっています。

マドリードからメキシコシティに向けて飛び立ったものの機体トラブルによって上空を旋回し続けている旅客機の機内を主な舞台にして、2人のパイロットやビジネスクラスを担当するゲイCA3人組、癖の強い乗客達が繰り広げる一連の騒動を独特のユーモア&リズムで活写した密室型コメディであります。

スペイン仕込みのユーモアが一味違った異彩を放つコメディで、パイロットやCAが乗務中に普通に飲酒したり、操縦室に乗客が普通に乱入してきてお喋りしたり、ゲイCAとゲイのパイロットの色恋沙汰が繰り広げられたり、主題歌「アイム・ソー・エキサイテッド」に乗せてゲイCAトリオが踊り始めたり―と、機体が着陸不能の緊急事態においてもマイペースを貫く乗員乗客たちの人並外れた行動が延々と映し出されます。乗客も乗員に負けず個性派揃いで、メキシコに高飛びしようとしている詐欺師や、処女喪失に期待を寄せる中年女、クレーム好きなSMの女王様、ケツの穴に麻薬を詰め込んで密輸しようとする新婚旦那などノーマルな人間は乗員を含めて誰も搭乗していないという異様な光景が目を引く異色コメディになっています。

生々しい言葉の下ネタがてんこ盛りの“お子様NG”な作品ですが、“行き詰まった人生が空の旅を経て前進する”―が乗員乗客の共通点となった、人生再出発譚のような趣きの能天気コメディであります。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不思議
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ