ここから本文です
【お知らせ】映画館の上映スケジュールについて、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の影響により、実際の上映時間と異なる可能性があります。ご不明な場合は、各劇場にお問い合わせくださいませ。

アイム・ソー・エキサイテッド! (2013)

LOS AMANTES PASAJEROS/I'M SO EXCITED!

監督
ペドロ・アルモドバル
  • みたいムービー 70
  • みたログ 251

2.75 / 評価:135件

女性が本作で大笑いしていたら引かれる

  • Nothing in particular さん
  • 2014年1月26日 1時01分
  • 閲覧数 1402
  • 役立ち度 7
    • 総合評価
    • ★★★★★

アルモドバル監督作品は、『神経衰弱ぎりぎりの女たち』、『ライブ・フレッシュ』、『オール・アバウト・マイ・マザー』、『トーク・トゥ・ハー』、『バッド・エデュケーション』、『ボルベール』、『抱擁のかけら』、『私が、生きる肌』とずっと観てきていますが、『ボルベール』を撮った人がこんな作品も撮るなんて、良く言えば「幅がある」ということなんですが、これまでの感動系しか観たことが無い人が観たら困惑するかもしれません。
(でも思い起こせば片鱗は見られたのでした。そしてもっと詳しい人によると、原点回帰と言えるらしい。)
ブラックコメディです。R15だし。

マドリッド発メキシコ・シティ行きの飛行機が機体トラブルで着陸出来ずスペインの上空を旋回し続けることに。ビジネスクラスの乗客は、不祥事で高飛びを目論む銀行頭取や落ち目の俳優、伝説のSM女王に未来が見えるアラフォー処女など曲者揃い。騒ぎ出す彼らを落ち着かせようと、オカマのCA3人組はオレンジジュースに幻覚剤を混ぜて飲ませてしまう。
幻覚剤を飲んだ乗客達が機内で乱交状態になります。
おかげでアラフォーは処女を捨てられます。

私、もっと曲者乗客達による『キサラギ』みたいなワンシチュエーションコメディだと思っていたのですが、アルモドバル監督はそんなもん撮らないよね・・・。
テンポがイマイチで少し寝てしまいました。
では笑えるかというと、さすがに女性はこの映画で笑えないと思います。
(家で一人DVDなら大笑いするかもしれませんが・・・)

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ