ここから本文です

アイム・ソー・エキサイテッド! (2013)

LOS AMANTES PASAJEROS/I'M SO EXCITED!

監督
ペドロ・アルモドバル
  • みたいムービー 70
  • みたログ 248

2.75 / 評価:135件

どうしたんだ?鬼才、巨匠よっ!

  • ハイダウェイ さん
  • 2014年1月26日 7時45分
  • 閲覧数 1342
  • 役立ち度 9
    • 総合評価
    • ★★★★★

おっ、いきなりアントニオ・バンデラスにペネロペ・クルスが出てんじゃん!うれしい予想外だ。
が、この冒頭のシーンだけだった・・・、チェッ。



でも、この2人をこれだけのためにキャスティングできるってのが、さすが「トーク・トゥ・ハー」や「私が、生きる肌」の鬼才ペドロ・アルモドバル監督だよな。
しかし、この監督がこんな下劣なコメディを作るとは・・・


序盤こそ、いつも飛行機に乗る時に見る客室乗務員のマンネリ化した機内注意の説明とか、飛行機内を舞台にしたコメディってことで、あるあるネタなんかも満載で、これは楽しめるんじゃないかと少し期待していた。
「ハッピーフライト」ほどじゃないけど、そんな感じのね。



あれ?客室乗務員はオネェなわけ?
ぽっちゃりのだけじゃなくて、こいつも、チーフも?3人ともかよっ!
しかも、コックピットの2人までも・・・


もうとにかく予想を超えて下ネタオンパレードで下品!
笑える下ネタなら大歓迎だけど、なにこれ?スペイン人は、このホモやバイ押しでそんなに笑えるわけ!?だとしたらカルチャーショックだぁ~~
日本人が同性愛に理解が低いからとかじゃなくて、逆に同性愛を卑下してる気がするんだけどなぁ~



まぁ、オネェ客室乗務員トリオはキャラ押しってことで理解するとしても、乗客までもエロで押すんかよっ!
意味深っぽかった女性客2人も、結局は2人してセックスに行き着くし・・・


ビジネスクラスを舞台に描かれるけど、なんだこの乱交状態わっ!
こういう展開なら、せめて美人でやってくれよなぁ~
女性はオバハンだし、若いのは男同士ってもう・・・



機械トラブルによる緊急事態なのに、まったく緊張感がないってのは、まぁコメディだからいいとしても、唯一の大きな軸を活かしきれてない。
もう乱交あたりからの後半は、ひたすら眠気との戦いだったね。



だから、終盤で素晴らしい盛り返しがあったのなら、σ(・ω・。)の評価は適当じゃないんだけど・・・そりゃ、ないでしょ。。



どうしたんだ?鬼才、巨匠よっ!
小難しい作品ばっか作ってたから、タガが外れてハジケちゃったか??

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ