ここから本文です

パラダイス:神 (2012)

PARADIES: GLAUBE/PARADISE: FAITH

監督
ウルリヒ・ザイドル
  • みたいムービー 20
  • みたログ 50

3.52 / 評価:27件

解説

『ドッグ・デイズ』や『インポート、エクスポート』などで知られるオーストリアの俊英、ウルリヒ・ザイドル監督による『パラダイス』3部作の第2弾。カトリック教徒としての使命を全うする主人公の夫が家に戻ったことによって生じる夫婦の不和を映し出す。ストイックなヒロインを演じるのは、ザイドル監督作品常連のベテラン女優マリア・ホーフステッター。神へのいちずな愛を誓いながらも、現実との折り合いがつかず苦悩する女性の姿に心が痛む。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

ウィーンの病院にレントゲン技師として勤務するアンナ・マリア(マリア・ホーフステッター)は、夏の休暇をイエス・キリストのために惜しみなく差し出す。彼女は一抱えもある聖母マリア像を携え、移民が多く住む地区のアパートを回り熱心に布教活動を行う。そんなある日、突然エジプト人でイスラム教徒の夫(ナビル・サレー)が車椅子の状態で帰宅し……。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ