ここから本文です

抱きしめたい -真実の物語- (2013)

監督
塩田明彦
  • みたいムービー 99
  • みたログ 587

3.26 / 評価:485件

まーさん。アイラブユー ソーマッチ。

  • たーちゃん さん
  • 2021年1月2日 23時28分
  • 閲覧数 156
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

全くの基礎知識がなく、拝見しました。
「抱きしめたい」といえば、私のイメージはフジテレビでやってたトレンディドラマです。なのでさわやかなラブコメディと思いきや、難病もの?って感じで見始めました。

まず最初のタイトルで「この物語は実話に基づく」と出たので、最後には死んじゃうストーリーだなと。バスケットボールのシーンのあと、宴会のシーンでいきなり仏壇に花嫁姿の北川景子さんの写真。そこにいるのが錦戸亮さんと窪田正孝さん。この3人の話だろうと思いましたが、身障者らしい方もいたので北川さんの設定は身障者だった方?もしくはヘルパーの役?などいろいろ考えました。
次のシーンで車椅子の北川さん。難病で車椅子?その割に元気だし・・・。など色々考えながら拝見しました。いい意味で裏切られて良かったです。

最初の買い物に錦戸さんが付き添いで行った時、車椅子で女性用下着のコーナーで止まったので、買うものを忘れたというワードがあとから記憶が飛んでしまうという伏線になっていたのに、ただ単純に北川さんが下着を買うという行為が恥ずかしくて言えなくて嘘をついたのかと思ってしまいました。
次第に北川さんは以前交通事故の後遺症で左半身が麻痺してしまい、記憶が飛んでしまう事がある事が分かってきましたが、それと「死」というワードが全く結びつかなかったです。身障者とわかりながらの恋愛と結婚のストーリーだったので、どう「死」にもっていくのかが気になりました。それはとても唐突でした。
実話に基づいているストーリーらしいので、仕方ないですがとても受け取れない感覚になりました。これを創作だけのストーリーだとしたら、こんな唐突な終わり方はおかしいとなるでしょう。

エンドタイトルが終了後に実際の方々らしい映像が挿入されたので、良しとしましたがなんだかやるせないラストに感じました。

蛇足ですが、錦戸さんってこういう普通の役、いいですね。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 切ない
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ