ここから本文です

7番房の奇跡 (2013)

MIRACLE IN CELL NO.7

監督
イ・ファンギョン
  • みたいムービー 252
  • みたログ 929

4.09 / 評価:823件

奇跡とはいろんな取り方がある

  • Yoshipy Happy さん
  • 2020年10月17日 20時32分
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

本作を鑑賞して
は?いったい何が奇跡?
と思うかもしれません。
だって、どう考えても冤罪で死刑って
奇跡でも何でもないって思うでしょう。

でも私にとってはたくさんの奇跡が詰まった作品に感じた。
子どもを殺人で亡くし失意喪失だった課長には
養女とはいえとっても可愛い女の子が側にいて
傷を癒してくれた。
読み書きができない組長が読み書きを覚えた。
何度も刑務所へ逆戻りしていた人たちが
一人の人間を救うために立ち上がった。

これらはストーリーの中ではほんの些細なことかもしれないが
それこそが奇跡なんじゃないかと思う。

こういう話は韓国でなければ作れないだろう。
何となく、韓国なら有りそうって思わせるものがある。
(韓流を見過ぎかなw)
日本人では、そんなことありえないの一言で終わる。
細かいところまできっちりしているからね。
(あ、決して韓国がきっちりしてないってことじゃありませんが)
そういうありえないっつーの!ってところを受け入れられる人は
本作で心を動かされる人なのかもしれない。

そしてとにかく脇役がいい。
ドラマや映画でよく見かける役者陣であるが
彼らが時に笑わせ、時に泣かせ話を盛り上げてくれる。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 楽しい
  • 悲しい
  • 絶望的
  • 切ない
  • かわいい
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ