レビュー一覧に戻る
7番房の奇跡
2014年1月25日公開

7番房の奇跡

MIRACLE IN CELL NO.7

1272014年1月25日公開

oce********

4.0

泣くまではいかないけど

泣けるという意見が非常に多い本作。 確かに知恵遅れの父と、しっかり者の娘の交流は心温まる。 でもそれが行われるのは刑務所の房内。 しかも娘は隠れて刑務所に。 見ているこちらかしたら、あの現場は明らかに救助にしか見えないわけで、つまりは映画的にヨングが殺してないと分かる状況で、敢えて殺人犯という立場に立たせて理不尽さを見せている。 同じ房内の囚人や、オカマの手助け。 脇も楽しいが、やはり主演の2人が上手い。 似た映画にショーン・ペンの「アイ・アム・サム」があるが、あちらよりも現実味がある。 だから共感できるし、嘘偽りない感動に昇華されている。

閲覧数3,480