2013年11月16日公開無料配信

裸のいとこ

1302013年11月16日公開
裸のいとこ
3.0

/ 20

20%
25%
15%
10%
30%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

さまざまな欲に溺れ、多額の借金を背負った実業家の男(湯江健幸)は、東日本大震災の被災地のボランティアをしようと福島県南相馬市の叔母の家に隠れるように移り住む。しかし、そこで出会った人たちに欲望を刺激されるとともに、奇抜でピュアな叔母の娘の愛情に触れ再起を願うようになるが……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(7件)

悲しい10.5%かっこいい10.5%泣ける10.5%絶望的10.5%ファンタジー10.5%

  • 真浩さん

    1.0

    くそ作品

    借金から逃げた男の話だけど 企画から演出,監督の大鶴義丹は何を訴えたかったんでしょう? まったく中身の無い変な作品 佐々木心音の無駄遣いですね^_^;

  • ngs********

    1.0

    だまれ…

    ずーと説明ゼリフ。 言いたいことは、言葉でなく映像で表現すべきだと思う。 なぜなら、映画だから。 見る価値なし。

  • bel********

    1.0

    肌に合わず

    意欲作だと思いますが、人物造形(とくに女性)が肌に合いませんでした。 ヒロインにまったく魅力を感じられず、田口に共感もできず、 冗長に感じられる後半、辛かった。 唯一良かったのがタケシ役の久保田君。 『ウォールフラワー』のエズラ・ミラーみたいでキラキラしていました。

  • zis********

    4.0

    この時期に

    あの時期によく撮ったなあと、感心しました。ちょっと驚きました。

  • 重村牧男

    4.0

    斬新

    舞台挨拶へ行って来ました。 大鶴さんはじめ、皆さんの南相馬ロケのお話。この制作過程自体が斬新すぎです。 ATG時代を彷彿させるような不思議な感覚の映画でした。 と言っても題名から想像するような、そんな際どいエロシーンはありません。 監督がおっしゃっていたように、災害というものは善も悪も含め、日常全て呑み込み破壊していきます。 それほど人間の営みは無力なものであり、無差別にどんな人にも襲いかかってくるものです。 もうすっかりベテラン女優になった風祭さんが、中盤から本領を発揮してくれたのは思いがけない(いい方の)誤算でした (笑)。 湯江さんの演技もどっぷり観られました。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
裸のいとこ

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日

ジャンル