2014年2月22日公開

ゲームセンターCX THE MOVIE 1986 マイティボンジャック

1092014年2月22日公開
ゲームセンターCX THE MOVIE 1986 マイティボンジャック
3.1

/ 100

13%
27%
27%
24%
9%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(51件)


  • bpp********

    3.0

    ドラマパートは惜しい。

    80年代の陰キャあるあるコメディーとしては良く出来てるけど、演者が下手なのか編集が下手なのか、非常に間が悪くそこそこ面白い演出を殺してしまってる印象。 後はゲーム挑戦パートに切り替わる時に捻りが無いのも残念。 主役の子演技は微妙だったけど最後の表情は非常に良かった。 ゲーム挑戦パートは全く映像処理してないアナログ映像でがっかり。 「映画でやるってレベルじゃねーぞ!!」 しかし10年?振りに見たマイティーボンジャック回ですが、2度目でも楽しめ、ハラハラし、そして感動させられるのはなんでだろうw特に会場の一体感は本当に素晴らしい!スポーツ観戦している感覚が味わえる。 1980年代小中学生だったオジサンならそこそこ楽しめる。

  • 宮崎是彰

    2.0

    映画としては…

    基本は小学生がマイティボンジャックやる映画です。 映画としてはあまり面白くはありません。映画でやる必要あるの?って感じです。 ゲームセンターcxの映画と楽しみにしていたのですが、有野課長がゲームしてワイワイしてるほうが面白いかな?

  • out********

    4.0

    個人的には好き

    最初、番組で放映したマイティーボンジャックに挑戦がほぼそのまま流され、暫くしたあと唐突に80年代の過去に戻り、とある少年のドラマパートが始まります。 その後も唐突に挑戦シーンに切り替わります。 本当にぶつ切りです! んー、ダサい編集だなぁ・・・と思って観ていたけど最後まで観ると、なるほどこれがやりたかったのかと分かりました。 特にあのシーン、マイティー生放送挑戦を見てた私は大爆笑してしまいましたw マイティーとドラマパートの尺は半々くらい。 映画は濃い時間を求めてるので、やはり既に観ていたマイティーの部分は退屈に感じました。 という事は初見さんの方がいいかというと、あの課長のくだりは観てた方が絶対に面白いと思うし・・・ んで、ドラマパート。 最初のゲームをやっているシーンはとても風情があって、ベタな過去描写だけど自分的にも凄く懐かしくなりました。 そして主人公の心理描写が全編で入ってくるけど、妙にヘタレな所が、ああ、こんな感じわかる!と。 不良たちの嫌な感じ等、学園描写にかなり拘りを感じます。 ラストに向かっていき、えええ!という締めが待っていますが、この終わり方もかなり冒険したなと。 あまり言うとネタバレになるけどいい終わりだったと思います。 一言でいうと前例のない実験映画。 編集は下手だけど一応ストーリーとしては締めてくれたかなと。 なかなか評価の難しい映画ですが。 もっと内輪ネタ満載で、例えばスタッフが要所要所で出てくると思ったけどそういう部分は僅かです。 初見さんに優しいと言えるけど少し寂しくもあり。 芸達者のスタッフが多いですからね、中山くんの歌とかも聴きたかったな。 例えば背景でさりげなく鶴岡さんが流しやってたり、ふらついた主人公をバイクで轢きそうになって「あぶねえだろ!」と走り去る阿部ちゃんとか、ゲーム屋で忍者龍剣伝の攻略本を探してる東島さんとか、ストーリーの邪魔にならない程度に笑かすポイントはいくらでも作れそうなのに勿体ない。

  • sa_********

    4.0

    ネタバレ30年の価値

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • shp********

    3.0

    ネタバレ面白いわ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • drm********

    2.0

    これならば

    2017年240本目。 オリジナルは大好きで、DVDを購入して観てるくらいですが、この作品は… これならばオリジナルで良くて、わざわざチープなドラマをつける意味は皆無だったのでは。 少年と少女のお芝居が稚拙なのは仕方ないとして、監督はじめ、スタッフがそれを何もフォローしてない感じがつまらなさに拍車をかけている。 ドラマ部に見所はゼロ。 いつもの有野さんの頑張りがなければ全く成立してないならばオリジナルのスペシャル版として振り切った方が良かったのでは。 ドラマのラストのオチも誰得な感じ。

  • agu********

    2.0

    イノコマックスで笑う

    2006年と2014年で井上の体型が全く違う だから繋がってるはずの場面なのに、全く別人の井上が出てくる そこに違和感を感じまくる もうちょっと痩せて撮影に挑めよと声を大にして言いたい

  • nor********

    5.0

    なんか面白いぞ

    始めて見ました ゲームの番組が10年続いたというのもうなづける マイテイボンジャックやりたくなった 同じ年代で懐かしかった 面白い作品

  • jac********

    2.0

    ネタバレ番組は好きですが……。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • アフリカンシンフォニー

    3.0

    ネタバレ期待はずれだった。でも、臨場感はあった。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • oce********

    3.0

    スーファミ版の方作ってほしい

    ゲームセンターCXは結構見てるんだけど、その中のソフト「マイティボンジャック」をクリアしようとする2006年の有野課長と、そこから20年前の一人の少年の冒険をリンクさせていく。 実際の放送回の映像も残っているので、助っ人のシーンは上手く重ね合わせたなと思った。 話自体はかなり単純だし、ほとんど強引ともいえる繋がりである。 多分ゲームしているシーンが1時間ぐらいあるといえる。 でも見たことない人なら「マイティボンジャック」自体に興味持てるかもしれないし、ファミコン世代なら懐かしいと思えるかも。 でも僕はスーファミ世代なので、次回作るならそっちをお願いします(笑)

  • par********

    4.0

    ネタバレゲームセンターシーエーックス! 課長ON!

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • won********

    1.0

    映画にせんでよい。

    TV版のマイティボンジャック編を観た方は 全く見る必要が無い程度の内容です。 本当に取ってつけたようなストーリーがただくっついただけです。 映画と名乗るのもおこがましい。 その付け足した1986年編にしても、なんか違和感アリアリ。 僕も30代半ばのおっさんですが、 当時は「借りパク」って言葉も無かったし、 「セーブ」って言葉もなかったし(普及したのはドラクエ3くらいかと) 「爆弾」と「ボン」で思いつくゲームがボンジャックってのは、それはないだろw 当時のハドソンゲームの知名度を舐めるなっw …てな訳で、当時をあんま知らない人が おっさん向けに作ったような映画に感じました。 おすすめはしません。

  • ai_********

    2.0

    微妙。CX見たこと無い人向けかな

    DVDレンタルにて視聴しました。 前評判があんまりだったので、期待せずに見ましたが、それでも再放送を見ているだけな気がしました。 ゲームセンターCXのマイティボンジャック回を見た人は、映画の2/3は既に見たことのある映像を見させられます。 再編集で面白くなってる感じでもなかったので2006年パートは流石に早送りしました。 結果30分程度しか残らない事に…。 その30分の1986年パートは主人公の部屋、学校、友人の家、商店、ゲームショップ、不良の溜まり場、等々なかなか当時の雰囲気が出ていて良かったです。 しかし最後の方で、1986年パートであるにも関わらず、トヨタのパッソ(2004年式)が主人公の真横に思いっきり堂々と全体が映っていてガックリしました。 どんな素人でもこれは流石に気付くでしょうレベルだったので、この映画に対する意気込みはその程度だったのかなと少し悲しくなりました。 撮影していて本当に誰一人気づかなかったのかなぁ…。雰囲気が…。 残念。

  • あいうえお

    1.0

    映画館に行く前に(本当の評価!)

    これはひどい 映画ではありません! 数年前のTV映像に、子供だましのつまらない映像を混ぜただけ ほんとうにつまらない 実写部分の内容もテンポも酷すぎる これを作った監督のセンスを疑う とにかくレンタルで見る程度で十分です 関係者の間際らしい書き込みに注意してください!

  • mst********

    4.0

    究極の内輪向け

    本日前橋の映画館でイベントが行われるということで映画も見ました。 ユーザーレビューで「映画ではない」という声がありましたがある意味的を射ていると思います。 この作品は「70年代生まれ」、「ゲームファン」、「ゲームセンターcxを見ている」という3つの条件を満たした方でなければ何も面白くもない物だと思います。反対にこの3つにドンピシャはまる方にはとてもたまらない気持ちになる映画です。 確かに映画的には粗い所やまずい面もかなりあります。しかしある特定の層(かなり狭い気もしますが…)には見終わった後には懐古的な気持ちやなぜか切ない感情が湧き出す作品です。その意味では究極の内輪向けといえる作品でしょう。 万人受けは絶対しません。映画というよりは番組ファンが楽しめるイベントのような位置づけの特殊な作品だと個人的に思います。 追記ですが今回の前橋での上映、上記にありますがイベントがあったため観客のほとんどが番組のファンだったようです。映画終了後に会場から暖かい拍手がありました。映画館で拍手が起きたのはいままでで初めての経験でした。

  • pop********

    4.0

    番組ファンのための映画

    映画なのか?と言われれば映画なのか疑問です。 面白いか?と言われれば、はっきりと面白いとは言えないと思います。 小ネタ、隠しキャラ探しは番組ファンでなければ楽しめません。 故にファンであればめちゃくちゃ楽しめます。 マイティボンジャックの回は絶対事前に観ておくべき。 「面白かった」というより、「満足した」という感じ。 観終わったあとは何だか口元がにやついてしまう、そんな映画。

  • shi********

    4.0

    ファミコン世代なら一見さんでも楽しめる

    TVをまったく観ておらず、やや不安だったもののかなり楽しめた。 自分がやってるわけではなくスクリーンに映し出されているゲームを観ているだけなのに、体が自然と敵を回避すべく右へ左へと動いてしまい、そんじょそこらのアクションを見るよりも興奮してしまった。 初見だったので1986年のドラマの部分がなんだかよけいなもののように感じたが、TVを観ていればこれも必然なのかも。 若かりし頃、数々のファミコンゲームを寝る間も惜しんでやりまくった世代だったので、できればこの「マイティボンジャック」だけではなく、他のゲームもさわりだけでもいいので映し出してくれれば、なおいっそう良かったと思えた。 それにしてもゲームの画像を見ていると、今のゲームは動きや綺麗さだけが先行してしまい、純粋に楽しむことのできるものがほとんどなくなっているなーとしみじみ感じさせられた。

  • yoyo

    3.0

    マイティボンジャック

    1986年にタイムワープした感じで面白い映画です。 ですが、過去の『有野の挑戦』である「マイティボンジャック」を持ち出すのは安っぽいし、DVDに収録されてる内容を再構築しただけの映画にしか成ってないのは残念ですね。 それと、どうして主役を有野の過去をフィクション交えて構成してないのか不思議です。 その方が纏まりが良いのではないかなぁ? にしても、1986年描写が素晴らしい。メディア洗脳時代や思春期の言動が良く描けてる。 あの恋破れる最後の勘違いは切なくて好き。

  • ぐぐたろう

    4.0

    楽しめました。

    (失礼ですが)そんなに期待してなかったけれど、結構おもしろかったです。 まさか、あのボンジャックでの「名シーン」があんな風に繋がるなんて・・・。 昔よく聞いたワードも随所にちりばめられていて、おもわず「あるある」や「あったあった」を連発してしまいました。ファミコン世代で、ゲームをよくしていた人ならきっと楽しめると思います(そうでない人も楽しめると思いますが)。

1 ページ/3 ページ中