2014年3月21日公開

神様のカルテ2

1162014年3月21日公開
神様のカルテ2
3.7

/ 617

36%
28%
20%
7%
9%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

妻・榛名(宮崎あおい)の出産を間近に控えた内科医の一止(櫻井翔)は、一層仕事に励んでいた。そんな折、大学時代の同期で親友のエリート医師辰也(藤原竜也)が本庄病院に赴任してきて一止を喜ばせる。だが、彼は勤務時間が終了するとすぐに帰宅し、時間外の呼び出しにも全く応じない辰也の医師としての態度が理解できず……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(251件)

泣ける25.0%切ない17.7%悲しい9.6%知的8.5%笑える8.3%

  • me_me

    5.0

    別の映画じゃないかと思うほど、1に比べて格段に良かった

    物語の舞台や登場人物たちは同じだが、今作は医療体制、医療改革、医師同士の価値観の違い、共働き夫婦の育児問題に焦点が当たっているため、全く別物の映画に仕上がっている。 1を観て「びっくりするほどつまらん」と思ったが、今作は真逆の評価。 特に藤原竜也演じる、新しく赴任してきた医師、進藤が主役級のポジションで、柄本明の演技も泣ける。 主人公2人、櫻井翔と宮崎あおいは相変わらずゆるゆるふわふわした雰囲気で、今作は出番少なめ。いいタイミングでいいことを言って皆を諭す、癒し系脇役といったポジション。しかし、それがよかった。 長野の風景美も堪能できた。

  • たーちゃん

    4.0

    ネタバレ病を治せなかったとしても人間としてやるべき事がある

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • なつ

    3.0

    2020.08.16

    1作目より2作目の方が評価が高いって。 なかなかないよな。 たしかに、、、泣ける!!!

  • cyborg_she_loves

    5.0

    藤原達也さん光りすぎ

    今回で見るの3回目ですが、屋上から星を見るシーン、「くるぞくるぞ」って感じで、どうなるか全部知ってて見てても、やっぱり体に電気走って涙あふれてきます。  これが見たくて何回でも見たくなる映画ですね。  「1」が半分ぐらいの人が☆1つで、「2」は3分の1以上の人が☆5つって、なんでこんなに皆さんの評価がちがうのか、謎です。  基本線はまったく同じ人情ドラマなんだけど。  たしかに「2」では藤原竜也さんのカッコよさがあまりにも光りまくってるのは事実ですけどね。  保育園にこんなパパが毎日迎えに来たら、他のママたちは全員目がハートになっちゃって、旦那たちは災難だろうな、と思いました。  それと、このシリーズ通じてもうひとり、私が大好きなのは、池脇千鶴さんの東西看護師です。  この人がいるから、栗原医師(桜井翔くん)のすっとぼけたキャラが生きている。  最近の医療ドラマや医療映画は、「チーム・バチスタ」とか「ドクターX」とか「救命24時」とか、最新の医療技術をばんばんストーリーに取り入れて、死に瀕していた人が奇蹟みたいに回復したり、技術を悪用して完全犯罪を企てたりなど、派手なストーリーと映像で観客を魅了するタイプのものが量産されていますが、そういう動向に真正面から逆行するこの映画の地味でほのぼのとした人情医療物語が、私は大好きです。  大好きなシリーズですが続編はもう作らないのかな?

  • es_********

    4.0

    1に続けて見ました。

    タツの登場で悪役来たかぁと思っていたら、そうではなくとっても良い人でホッとした。 夫婦家族のあり方…千差万別でしょうけど考えますね。 患者さん親が「医者ならどんな場合でも患者優先すべき」みたいに言うとこあったけど、そうやってあなたが家族を思うように、医師にだって大事な家族はいるんだよね…。それを割り切れる医師と引きずる医師。どっちが偉いかって難しいね。 そうさせない医療現場の改革が大事なのよね。って、昨今言われ尽くされてるねw 落ちっていうか貫田先生に星空を見せるシーンは「1」の安曇さんと同じパターンんでお決まりの様でまたかって思っちゃった。 まぁ泣いたけどね。 余談ですが、 高飛車じゃない藤原竜也もいいね。「2」の主役は彼だった。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


櫻井翔栗原一止
宮崎あおい栗原榛名
藤原竜也進藤辰也
要潤砂山次郎
吉瀬美智子外村静枝
朝倉あき水無陽子
濱田岳屋久杉
吹石一恵進藤千夏
西岡徳馬高山秀一郎
池脇千鶴東西直美
市毛良枝貫田千代
柄本明貫田誠太郎

基本情報


タイトル
神様のカルテ2

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日

ジャンル