ここから本文です

ファーザーズ・デイ/野獣のはらわた (2011)

FATHER'S DAY

監督
アダム・ブルックス
ジェレミー・ギレスピー
マシュー・ケネディ
コナー・スウィーニー
スティーヴン・コスタンスキ
  • みたいムービー 8
  • みたログ 20

3.57 / 評価:14件

解説

1980年代ジャンル映画風の悪趣味なテイストを踏襲するカナダの5人組映像作家集団アストロン6と、製作会社トロマがタッグを組んだバイオレンスアクション。殺人鬼に父親を殺された主人公たちの復讐(ふくしゅう)を、エロとグロを交えて、壮絶なビジュアルで描く。主演は、アストロン6の中心人物でもあるアダム・ブルックス。トロマの代表ロイド・カウフマンも天国の神様と地獄の悪魔の二役を演じる。アストロン6の独特のセンスに注目。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

父親ばかりを襲い、レイプし、惨殺してその肉を食う“父の日殺人鬼”ファックマン(マッケンジー・マードック)に父親を殺されたエイハブ(アダム・ブルックス)は、リベンジを果たすため仲間と集結。一度はファックマンを仕留めるが、ファックマンは実は人間の体に乗り移った悪魔で、邪悪な魂は地獄で再生してしまうのだった。ファックマンを完全に倒すために、エイハブらは自分の頭を撃ち抜き、地獄へ向かう。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ