2014年2月22日公開

ダラス・バイヤーズクラブ

DALLAS BUYERS CLUB

R15+1172014年2月22日公開
ダラス・バイヤーズクラブ
4.0

/ 1,429

33%
44%
18%
4%
1%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(273件)


  • eo1********

    2.0

    日本も登場

    実在だから、成り立った作品。 このころ、確かに、いろんな偏見があったことを今更ながら思い出した。 あきらめない。悟らない。生きることへの執着、エネルギーが呆気に取られるほど。その、納得できる原点が読み取れなかった。

  • pir********

    3.0

    レイヨン姉さん

    マシュー・マコノヒーとジャレッド・レトの痩せっぷりにびっくりした スーパーマーケットのシーンが良かったなぁ

  • ech********

    4.0

    設定の勝利

    実話とは驚いた。脚本とか演出以前に設定が独特ですが、実話じゃなきゃ却ってあり得ないお話ですね。主演のデニーロアプローチの熱演は素晴らしいです。

  • hor********

    3.0

    意外と単調

    新しいエイズ治療薬のモルモットになることを拒否し、自分で薬を集めた人の話。 一世を風靡した世界的名作のはずなのだが、予想と違って単調な映画だった。 集めて配り、集めて配り。 まあなんにせよアクティブな人生を送れる人はうらやましい。 まとめ:加工食品と医薬品会社に注意。

  • izq********

    2.0

    ネタバレコロナ治療薬開発も大丈夫か心配になる

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • じぇろにも

    4.0

    ネタバレ闘牛場でH

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • yos********

    4.0

    やったね!マコちゃん

    マコちゃんと言えばスマートなイケメンというイメージ。 名前ばかりは有名だが、今ひとつ、これ!と言える 作品がなかった。 ポール・ニューマンの再来と言われ ブラッド・ピットと“明日に向かって撃て”や“スティング”の 共演を度々囁かれていたにもかかわらず ブラッド・ピットの方があまりにも有名で 実現には程遠いという感じであった。 しかし、そのイケメンを捨て“マジな演技”ひとつで勝負に出た。 そこがよかった。 姿がガラリと変わり、そこにマコちゃんはいなかった。 いたのは本作の主人公ロンであった。 HIV陽性だったんだから、まずは酒とドラッグをやめろよ ってツッコミたくなるようなクズっぽさから 差別していた側から一転差別される側になる苦悩 余命宣告されてから生きるため、そして同じ境遇の人を生かすため 翻弄する姿に、ストーリーにのめり込まずにはいられない。 大きな感動がある作品ではないものの このように闘う人物がいてこそ、社会が変わる道筋になる それによって救われる者がいる というところがとてもよかった。

  • tat********

    4.0

    行動することの大切さを知る

    HIVウイルスに感染し、余命30日の宣告を受けた主人公ロンの生き様を描く。 当時、ゲイが感染すると噂されていたので、自分にはあり得ないと考えるが、調べるとゲイ以外でも感染することが分かり感染を認識する。 良い薬を求めて、試験中の薬を入手する。しかし、副作用により症状が悪化してゆく。メキシコの非認定医療機関で、副作用の無いビタミン剤や、アメリカでは未承認の薬などでの治療を知り、回復する。そして、アメリカ内でビジネスを始める。ビジネスは大成功し、徐々にコネクションが増えてゆく。 当初使用した抗癌剤の使用禁止や、ウイルスを無くすという治療ではなく、元気に延命させる方に重点を置いた治療が必要と訴えるまでに。 自分で動く事で、知識を得、違法と知りながらも必要であれば即行動し、仲間を得る事で、布施の心が醸成されていった。 最終的には、裁判に勝ち、アメリカを動かすこととなった。 製薬のカラクリや政治との絡みもあり、見応えがある。 麻薬、酒、女に溺れているように見えるが、他人のために車を売ったりと芯は正しい心を持っている。または、正しくなっていった。 ーー 2020/01/25 8

  • mgm631

    5.0

    マシューマコノヒーが全て

    私、ハリウッドの俳優さんが役作りのために異常に太ったり痩せたりするのあまり好きではなく、いやいや見た目に頼ってもね〜とか思ってたんですが、、 このマシュー凄すぎ。。ほんとーに誰かわからん。見た目だけじゃない、演技がすごい。圧巻。 勿論映画の内容もとてもよかったのですが、これはマシュー以外が主役ならここまで評価は高くなかったはず。それほど、素晴らしい。

  • bat********

    4.0

    ネタバレマシューマコノヒーの徹底した役作りが凄い

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • cin********

    3.0

    7.2/10点

    7.2/10点

  • Joe

    4.0

    ネタバレ生きる目標を探したくなりました

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • yuk********

    5.0

    ネタバレ盛りだくさん

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ピカリコトッキー

    5.0

    ネタバレ一人の怖いもの知らずな男の勇敢な人生

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • kai********

    5.0

    いつの時代でも

    演技も内容も役者も最高でした!どれか一つ優れていても優秀な作品として残りますが三つとも良いのでパーフェクトです! いつの時代の話でもどんな人間の話でもどこの国の話でも人はなりふり構わず必死に生きる人間の姿に心打たれるものです。観て損なし!ぜひ他の人にもおすすめしましょう

  • hko********

    4.0

    必死にがんばる

    生きる

  • sha********

    3.0

    79点。良かった。

    題材が重くてしんどいが。

  • swi********

    5.0

    ネタバレ役者魂スゴい

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • csy********

    4.0

    澄んでゆく瞳

    はじめはろくでもない人間にしか見えなかったロンが、余命を言い渡され、諦めずに薬を求めて奔走し・・・どんどん表情が変わってゆくんですよね。彼の生き方に圧倒されます。素敵です。

  • yok********

    5.0

    アメリカ人の善きフロンティア精神に感服。

    ロン・ウッドルーフ氏のど根性に感動しました。クズ人間だったのにエイズに罹ったのは不幸だったけど、本当に善い人間と知り合え、自分を変えられたのは幸せだったと思いました。どこまで脚色か分かりませんが、レイヨンの気持ちは切なくて・・・。ここまで痩せて演じたマシュー・マコノヒー氏とジャレッド・レト氏に賞賛です。

1 ページ/14 ページ中