ここから本文です

クリーチャーズ 異次元からの侵略者 (2012)

JOHN DIES AT THE END

監督
ドン・コスカレリ
  • みたいムービー 1
  • みたログ 21

2.13 / 評価:16件

ワンコが世界を救う・・・。

  • mr_***** さん
  • 2019年5月2日 11時47分
  • 閲覧数 69
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

監督があの「ファンタズム」(1979)のドン・コスカレリだったので、これはちょっと、手こずるかな・・・と思いました。

冒頭で主人公がいきなり大男の首を斧でぶった切るシーンから始まってびっくり!
夜、その大男が首を体に縫い付けて現れ、「俺を殺したのはお前だな!」と主人公に迫る! 身構える主人公!

なかなかテンポが良くて引き込まれるが、いきなり場面が変わって中国レストランでジャーナリストから取材を受ける主人公・・・あの大男はどうなったのかな?

なんか全編、こんな感じでストーリーのつながりが悪く、分かりにくい・・・。
女性が大量の蛇になったり、冷蔵庫の食材が集まってモンスターになったり、場面場面は面白いのに、説明不足でなにが起こっているのか分からない。

ソイソースというドラッグを摂取したことにより、異次元から来たコロックと戦う羽目になった主人公デヴィッドは、親友のジョンと力を合わせて敵に相対する。
基本的にそんな話なのだが、回り道ばかりして、わけのわからない人物も登場
したりで、一向に話が進まない。
二人はコロックの宿敵、新興宗教の教祖みたいな男アルコーニから貰った新兵器で敵地に乗り込むが、返り討ちに合いそうになると、連れて行ったワンコの勇気ある行動でコロックを倒すことに成功する!

実はこのDVDを3度見たのだが、その度、睡魔に襲われる、というドラッグなみの映画なのだ(笑)
無駄なシーンをカットして説明不足を無くせば、面白い映画になったのに、全く残念!
場面場面は面白いので暇があったら、また見てみますね。
新しい発見があるかもです。 それがドン監督の狙いかな(笑)

敵だか味方だか不明の謎の男(?)を演じたのが「シェイプ・オブ・ウォーター」の半魚人や「ヘルボーイ」、「パンズ・ラビリンス」などの怪物専門役者ダグ・ジョーンズで素顔を見たのこの映画で初めてかもしれません・・・。
そう言えばアルコーニを演じたのが、「ハイランダー」でクルガンを演じた、クランシー・ブラウンでした。 最近はTV出演が多いようです・・・。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • ファンタジー
  • 不思議
  • 恐怖
  • 勇敢
  • かわいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ