ここから本文です

そこのみにて光輝く (2013)

監督
呉美保
  • みたいムービー 646
  • みたログ 4,146

4.01 / 評価:3345件

ストーリー★2だが怪優たちに★5

  • frh***** さん
  • 2019年9月4日 13時21分
  • 閲覧数 3557
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

底辺の生活。それでも事件があったり成長があったりもしくはさらなる絶望があったりすればおっ!?ともなるけど、1組の男女の恋愛の進展に絡めているもののなんとなく冗長。
でもまあジェットコースターなストーリーだけが映画ではないか。

個人的には、脳梗塞を患った父の性処理の表現が露骨だしオーバーなせいで、生臭さが強調され後味の悪い映画となった。

多くの人のレビューにもあるが、菅田将暉さん。好きでも嫌いでもなく、むしろ、もてはやされてるけどそんなイケメンかなあなんて思ってたけど、イケメンうんぬんではなく、完全に憑依しきった完璧な表現者だった。
計算でもなく技術でもなく過でも不足でもなく、圧巻だった。

憎まれ役の高橋和也も、刑事ドラマで見たスマートさとは恐ろしく違う憎たらしさをこれでもかと放っていて驚いた。

映像も、ラストの音楽も素敵だったが、家族には視聴を勧められない難しい作品である。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ