レビュー一覧に戻る
そこのみにて光輝く
2014年4月19日公開

そこのみにて光輝く

R15+1202014年4月19日公開

Metal_M

4.0

ネタバレラストは朝日が二人を包む・・・希望の兆し

全編暗~く澱んでいてバット・エンドしか連想できない。 でも最後の最後で千夏(池脇千鶴)と達夫(綾野剛)に朝日が差し込む。暗闇から抜けられる予感を感じさせた。 エンディング・テーマ曲(BGM)も暖かく二人を包み込みとても印象深い。 ネオレアリズモ(イタリア・ネオリアリズム 映画「自転車泥棒」など)ならとことん観る者を突き放し、暗いエンディングになっただろう。この映画がネオレアリズモなら拓児(菅田将暉)は中島(高橋和也)を刺し殺し、千夏(池脇千鶴)は父親を絞殺する、達夫(綾野剛)の制止が間に合わずに。でもそうはならなかった。 ラストは朝日が二人を包み希望の兆しを感じさせてくれた。観ていた私も救われた。

閲覧数3,595