レビュー一覧に戻る
そこのみにて光輝く
2014年4月19日公開

そこのみにて光輝く

R15+1202014年4月19日公開

akj********

4.0

絶望の中の光

内容はエグイけれども、不思議と穏やかで美しいと思わせるような映画。絶望の中の光。好きな男とそうでない男とのSEXの違い。高橋和也も元男闘呼組なのに、こんな役でも色々な映画にさりげなく脇役で出ているのが見逃せない。菅田将暉は何でこんな演技なのか?不自然な喋り方がおかしいし殆ど聞き取れない。そして父親の病気が意味不明。性欲を抑えきれないので薬を飲んだり自慰を家族に手伝わせたりするのだが、性欲を抑えきれないとは、どんな病気やねんと言いたい。綾野は池脇に売春の仕事を辞めるように言い、池脇は売春している理由を呟いたのだが、理由が意味不明。(大抵の売春はお金の為で、またはSEXそのものが好きで技術向上の為にやっているのかも知れないが。)綾野と結ばれた途端に、客である高橋和也との性行為に嫌悪感を示すので、プロとして好きでやっていたわけではないのが伺える。体を売って傷つくぐらいならば、真面目に働くか生活保護を受けなさいとしか言い様が無い。単純に男の欲望と女の哀しさを描いた物語。

閲覧数3,428