2014年5月10日公開

百瀬、こっちを向いて。

1092014年5月10日公開
百瀬、こっちを向いて。
2.6

/ 753

13%
20%
18%
9%
39%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

高校入学以降、パッとしない毎日を過ごしている相原ノボル(竹内太郎)。ある日、何かと懇意にしてもらっている先輩の宮崎瞬(工藤阿須加)に呼び出され、自分の隣のクラスの生徒である百瀬陽(早見あかり)を紹介された上に奇妙な提案をされる。それは瞬が校内で抜群の人気を誇る神林徹子(石橋杏奈)という恋人がいるにもかかわらず百瀬とも付き合っているといううわさを払拭(ふっしょく)するため、彼女とノボルが期間限定で恋人同士を装うというものだった。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(161件)

切ない29.3%かわいい13.7%ロマンチック13.7%泣ける13.4%悲しい8.6%

  • msc********

    1.0

    なんだ?この、後半突然始まる恥ずかしいセリフとストーリー。

    中学生が書いたのか? もはや4流小説。 ★1.4  中盤までは早見あかり(ガタイいい、強そう)の演技も青春している感もけっこう良く、イイ感じであったが、 後半から突拍子もなく始まる意味分からない脚本と、聞いてて寒気が走る怒涛の恥ずかしいセリフの連呼。 クサイ、、、あまりにくさ過ぎる。 いくら主演の二人(高校時代)がイイ演技しても、これでは面白くならなかった。 とにかく後半のセリフが嫌い。 あまりの恥ずかしさに笑ってしまう。 なんなのよ?この映画のタイトルも、セリフも、、、 引張られて、ラストシーンもクッさい演出になっちゃた。 なんじゃこりゃ~っ!? なお、先輩の彼女の大人時代の女優さん、逐一演技がヘタ過ぎて、世にも奇妙な物語か昼ドラみたいになっちゃてる。(正直、演技がきもち悪い、、、) もはや場違い。エピソードも含め、完全に蛇足。

  • 上野 拓馬

    2.0

    ネタバレ結末で評価が別れる映画

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • OTO48

    2.0

    退屈

    切なさを出そうという狙いが見えすぎ。シラけちゃうんですよね。

  • raz********

    3.0

    ネタバレ心とエネルギー

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • die********

    2.0

    田辺君、いい人です

    向井理と竹内太郎が余りに よく似ているので、びっくり。 その割には、石橋杏奈の15年後は あんまり似てなかった・・・ 個人的には、宮崎先輩と同じく 早見あかりよりも石橋杏奈の方が好みです。 田辺君みたいな友達ほしいなぁ。 なぜ主人公の相原ノボルは 田辺君や百瀬と連絡を取らなかったの だろうか??? もったいないし、ありえないわな。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
百瀬、こっちを向いて。

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日

ジャンル