ここから本文です

新しき世界 (2013)

NEW WORLD

監督
パク・フンジョン
  • みたいムービー 194
  • みたログ 838

4.40 / 評価:657件

解説

本国の韓国をはじめ、映画祭や映画賞で高い評価を獲得したクライムストーリー。犯罪組織に潜入する警察官が、組織のナンバー2と育んだ絆と職務の間で葛藤するさまを映し出していく。メガホンを取るのは、『悪魔を見た』などの脚本も手掛けてきたパク・フンジョン。『10人の泥棒たち』などのイ・ジョンジェ、『悪いやつら』などのチェ・ミンシクなど、実力派俳優が結集する。緊張感にあふれた語り口もさることながら、男たちの情や信念が激しくぶつかり合う熱いドラマにも魅了される。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

韓国で有名な犯罪組織の幹部チョン・チョン(ファン・ジョンミン)の右腕としても認められているジャソン(イ・ジョンジェ)。だがその正体は、カン課長(チェ・ミンシク)に潜入捜査を命じられた警察官であった。警官の職務を果たそうとするも、自分と同じ中国系韓国人であるチョン・チョンとの間に生まれた兄弟のような情と絆を裏切っていることに苦悩するジャソン。そんな中、組織のリーダー急死を契機にした後継者争いが勃発(ぼっぱつ)、さらに組織の一網打尽を目的とした捜査作戦が動き出す。

シネマトゥデイ (外部リンク)

映画レポート

(C)2012 NEXT ENTERTAINMENT WORLD Inc. & SANAI PICTURES Co. Ltd. All Rights Reserved.
(C)2012 NEXT ENTERTAINMENT WORLD Inc. & SANAI PICTURES Co. Ltd. All Rights Reserved.

「新しき世界」3人の演技派スターが火花を散らす、韓国版「インファナル・アフェア」

 <潜入捜査官>として韓国最大の犯罪組織=ゴールド・ムーンに潜入させられた男、イ・ジャソン=イ・ジョンジェ(「ハウスメイド」「10人の泥棒たち」)のスリリングで酷薄な潜入サバイバル顛末記。彼を潜入させたのがソウル警察課長カン=チェ・ミンシク(「オールド・ボーイ」「悪魔を見た」「悪いやつら」)である。ミンシクの登場だけで画面に渋み、淀みの気配がみなぎるあたり、さすがというしかない。もはや<至宝>の域なのだ。タイトルの<新しい世界>とは、警察がゴールド・ムーン会長の事故死(?)の後に勃発した組織の跡目騒動に介入するプロジェクト名である。黒いユーモアを感じる命名だ。

 「新しい世界」で組織の中心軸となっているのが<華僑>系ギャングだ。イ・ジョンジェが潜入することができたのも、彼が<華僑>系だからという設定。これが新鮮。同族意識、<ブラザー>関係で結ばれた組織のナンバー2、チョン・チョン=ファン・ジョンミン(「生き残るための取引」)との関係がやるせない。ダーティワークに中国在住<朝鮮族>を使うのは、コリアン・ギャングものの新たな定番といっていいが、その<朝鮮族>の殺し屋のひとりが、「オールド・ボーイ」の用心棒をマニアックに演じたキム・ビョンオクというのが、嬉しい。彼とチェ・ミンシクの対面にニヤリとせざるをえないのである。

 「インファナル・アフェア」シリーズのフェリックス・チェンが「ジ・エレクション 仁義なき黒社会」の挿話で、警官だとアピールしても取り合ってもらえない潜入捜査官を自己パロディとして描いている合間に、韓国からみごとな系列作が登場してきた。何よりも、監督パク・フンジョン自身の脚本の勝利。(滝本誠)

映画.com(外部リンク)

2014年1月23日 更新

本文はここま>
でです このページの先頭へ