ダンシング・クィーン
3.9

/ 59

37%
32%
17%
12%
2%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(12件)

笑える17.9%楽しい17.9%泣ける12.8%コミカル10.3%かわいい7.7%

  • fiv********

    5.0

    明るく楽しくそして感動する作品!

    ポスターからは、想像出来ないくらい良い作品。 ビジュアル的に厳しいと思っていたが、まったくそんな事はなくしっかりアイドルしていた。 そんなママさんアイドルに扮するのは、韓国歌謡界の女王オム・ジョンファ。 だから歌は抜群に上手い。 主演は、日本でもお馴染みのファン・ジョンミン。 明るく楽しくそして感動するお薦めの一本。

  • kun********

    3.0

    ありきたりなプロット

    まぁこの手の作品はバタ臭いぐらい陳腐な方がスッと入ってきて適切といえば適切かな プロットの緻密さを求めるのはちょっと違う気がする まぁみてもみなくても特段毒にも薬にもならないってのが適切な表現ですかね ファン・ジョンミンは役者としてうまいといえばうまいけど引き出しが少ない感じでなんの役をしても大差がないのはどうかなと思いますね

  • wxj********

    5.0

    ネタバレしっかりコメディで泣かされる感動作

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • oir********

    4.0

    見て良かった韓流ドタバタコメディ大団円劇

    あらすじとサムネで判断しとても趣味には合わないだろうと反感を感じていたが、やはり通しで見てみないと分からないもんですね。とても良い娯楽作品でしたよ。 多少テンポの遅さと尺の長さを感じずにはいられなかったけれど、それも終わってみればすべて必要な要素だったということか。 まず小学生の頃からの二人の出会いから始めて、大学生の頃に運命の再会。その再会時に民主デモに巻き込まれ機動隊に主人公が殴られ負傷。その看病をするヒロイン。そして両者は結婚。 しかし、夫はうだつが上がらない弁護士。妻は主婦業とダンス講師の日々。そこに降って湧いてきたかの如く夫は市長選挙に担がれ、妻はダンスグループで歌手デビューと相成る。その行方はいかに・・・・という風なお話。 自身驚いたのはコメディというよりは結構な感動劇になっていたこと。特に不慣れな弁論大会での朴訥でありながら市民の思いを的確に代弁するかのごときスピーチにはこちらも感情を動かされてしまう。それまでの日常的善行を多数ちりばめていたために説得力もあり。 それと並行してヒロイン妻側のサクセスストーリーも着々進行。妨害要員もしっかり準備(笑)。 なんだかんだ、すったもんだありながらも最後は敵も交えてのハッピーエンド。 主役男子の起死回生となる演説にはさらに強く心打たれてしまいましたね。 ラストのヒロイングループのダンスと歌唱もとても良かったですよ。 趣味が合わないという理由ではじこうとするのは今でもしがちですが、こういうヒットに出会えると進んでそうしようという意欲が湧いてくるというもの。 総評四つ星 主役男子が誰かに似ているなとずっと思っていて終盤「あっ元貴乃花親方!」と気づく。 そしてヒロインは中島みゆき!・・ ちょっと無理が有るかもしれないが笑

  • まめた

    4.0

    ハッピーになれる映画です

    Gyaoの期間限定配信で鑑賞。 市長の妻がセクシーなダンスを踊る 歌手になるという荒唐無稽なあらすじ。 でもテンポはいいし、 家族仲も良くてほっこりするし 夢に向かって頑張ろうってメッセージもあって おもしろかったです。 ホロリときた場面もあってオススメしたい。 ヒロインの夫役がファン・ジョンミン。 改めていい役者だ。 ヤクザから泣かせる役、そしてこの作品のように コミカルなものもきっちりと魅せる。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ダンシング・クィーン

原題
DANCING QUEEN

上映時間

製作国
韓国

製作年度

公開日
-