2014年1月10日公開

Wake Up, Girls! 七人のアイドル

532014年1月10日公開
Wake Up, Girls! 七人のアイドル
3.4

/ 51

27%
20%
27%
14%
12%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

仙台の芸能プロダクション、グリーンリーヴズ・エンタテインメント。所属タレントに逃げられた社長の丹下が思い付いたのは、アイドルユニットの結成。スカウトのため街に出てきたマネージャーの松田は、素晴らしい歌声を持つ少女に声を掛けるが、彼女はアイドルという言葉を聞いてその場を立ち去る。実は彼女は、かつて国民的人気アイドルユニット、I-1クラブのセンターを務めていた島田真夢で……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

作品レビュー(16件)

かわいい38.5%楽しい23.1%セクシー7.7%勇敢7.7%泣ける7.7%

  • hea********

    3.0

    新人だけで新作は

    ほぼ新人だけでアイドルアニメを作るっていうのはなかなか冒険だと思う。 演技は意外とちゃんと出来ていた。 ただし全員が新人ということで誰が誰だが最後まで区別がつかなかった。 全員新人ではやはり売りが弱すぎる。 ストーリーはまあ王道のアイドルもの。 正直映画にする内容ではないかも。 尺も短いし。

  • key********

    5.0

    聖地巡礼したくなる作品

    自分的にはとても好みな作品。 何より演じている声優方一人一人が一生懸命で、応援したくなりました。 自分も声優の卵なので、彼女達に負けないように頑張ろうと、心の底から思いました!! これからもずっと応援してます!頑張ってください!

  • マホ

    3.0

    他の作品レビューでも書いてあったが。

    この作品としては テレビの導入編としても、ちょっとひどい内容なのは事実ですが しかし、映画内容がどうしようもないならともかく 見る側の層の人間まで貶すのは ただの人権侵害にしかなっていないのでは? スペックやアイドルマスターなどでも 作品ではなく作品ファンを否定するレビューが見受けられました・・・ つまらなくても見るのは 個人の勝手だと思います。 ヨヨとネネでも、ここYahoo!映画の現状を危惧していた方がいたが こんなんではYahoo!映画 近いうちに終わるよ・・・・。 本当に。 自分も捨てアカなどのYahoo!映画の現状の酷さを 批判する意味も込めて 書かせていただきました。

  • tai********

    4.0

    詰め込みすぎ?しかし!期待値はデカイ!!

    1月から始まるTVシリーズの前日譚なのかな? 弱小芸能プロが、アイドルを集めてから1stライブをやるまでを描いた物語です。 先に拙いと思った所を列挙しますと ・ギャグがやや滑りなうえに下品 ・主人公(?)がメンバーに入りたい理由が不明瞭 まあでも、ここら辺はアニメ的演出で綺麗にカバーできてますね(苦笑 しかし! 某アイドルアニメよりも、「大人の事情」というものが少女達行く手を阻み それに葛藤する様子を描かれてて、こっちの方が人間らしいかも! そういうのは嫌いじゃない!むしろ萌えr.....(自重) 主人公がアイドルだった時、舞台裏で嗚咽してるシーンなんかは俺も思わず ・゜・(ノД`)・゜・。 そして、見どころは何といってもラストのライブシーンです! だいぶ話題にはなってますが、パンチラシーンはなんというかパンチラ独特の特殊効果(?) というか、集中線(?)みたいな演出じゃなく、スカートで踊ればそうなるわな的な感じの演出で、 個人的にはツボでした。(爆 総評としては悪くないです。 TVシリーズが始まればキャラも立ってくるでしょう。 さらに!今回は声優と演じているキャラがリンクしているという点において ファンとして熱く応援できるのも魅力かも? 今後の展開がめちゃくちゃ気になる内容でした。

  • shi********

    3.0

    それなりに萌えるが、割高感と惜しい感あり

    仙台の弱小芸能プロダクションからアイドルデビュー目指す女の子たちの物語。 そのプロダクション社長の思いつきでアイドルプロジェクトはスタート、6人の女の子がオーディションに参加(全員合格)するが、そのうち1人の同級生が元アイドル。 それも国民的アイドルグループのセンターだった女の子である。 スカウトマンは何とか彼女を加入させようとするのだが、彼女は頑なに拒むのだった・・・。 アイドルとはみんなを幸せにする存在。 だがそれ以前に自分が幸せでなければ不毛なこと。 辛いことがあっても逃げずに、自分の好きなこと、やりたいことを追い求めて自分を輝かせる。 そんな素敵なテーマのある作品。 ただし映画として満足できるかというと今一つ。 やはり上映時間53分というのは短過ぎる。 53分でも面白いものは面白いのだが、本作についてはもう少しドラマを織り込んだり、各キャラの事情などを掘り下げても良かったのでは?と思ってしまう。 特に社長の失踪については投げっぱなし。 あれだけ強烈で個性的なキャラを置き手紙一つで退場させて、その顛末も描かない。 ついでに言えば53分で1200円は少々高い。 特別料金ではあるが、レイトショー料金と変わらないわけで、お得感はない。 1000円が妥当だったのではないだろうか。 中身は物足りないが、絵はしっかりしていて、美少女キャラはなかなか可愛い。 アニメ映画を観て言っちゃ何だが、実写ならもっと楽しめたと思う。 特にステージでの見せパンではない生パンチラは、アニメでやられてもなぁと何か惜しい感じ。 実写だったらどんなにときめいたことか。 また本作はどういう位置づけの作品なのかと疑問に思っていたが、金曜深夜にテレ東でアニメが放映されているんだね。 初回は見逃したが、本作はテレビアニメの前日譚なのだろうか? 「あまちゃん」に似たところもある気もするが、これから面白くなる予感もあるので一応次回は見てみようと思う。 ところで、今年はAKBのドキュメンタリーはやらないのかな・・・。 やらないならちょっと残念。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


吉岡茉祐島田真夢
永野愛理林田藍里
田中美海片山実波
青山吉能七瀬佳乃
山下七海久美菜々美
奥野香耶菊間夏夜
高木美佑岡本未夕
大坪由佳岩崎志保
加藤英美里近藤麻衣
津田美波吉川愛
福原香織相沢菜野花
山本希望鈴木萌歌
明坂聡美鈴木玲奈
安野希世乃小早川ティナ
浅沼晋太郎松田耕平
日高のり子丹下順子

基本情報


タイトル
Wake Up, Girls! 七人のアイドル

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日