レビュー一覧に戻る
家路
2014年3月1日公開

家路

1182014年3月1日公開

tsu********

4.0

はっと気づかされる被害者の本音

自分たちの暮らしてきた家、生活の糧としてきた土地を、有無も言わせずに追いだれることになった福島の人々の現状を、彼らの視点から奇を衒うことなく誠実に実直に描いた作品になっています。 仮設住宅への不満、経済的な不安、慣れない場所での生活から来る体調の変化、自分の家なのに帰ることができないもどかしさ等々、ここかしこに人々の本音が現れており、報道だけでは気づかないようなことにもはっと気付かされる場面も多くありました。 一方で同じ被害にあった人たちでも、何を優先するかはまた人それぞれ、住んでいた場所に帰ること、新しい生活基盤、健康に暮らせる場所…。 それだけに簡単には進んでいかないということもあるのでしょう。 キャストも演技派を揃え、腰を据えてじっくり撮り上げたという印象。 ただひとつ、ところどころ方言がきつくて、何を言っているのか分からない箇所があったところが、心残りではありましたけれども。

閲覧数1,296