レビュー一覧に戻る
ホワイトタイガー ナチス極秘戦車・宿命の砲火
2014年1月18日公開

ホワイトタイガー ナチス極秘戦車・宿命の砲火

BELYY TIGR/WHITE TIGER

1042014年1月18日公開

tal********

1.0

ネタバレ日本版のタイトルは嘘?

ホワイトタイガーは実は幽霊戦車でこの戦車と戦って大火傷した戦車兵が奇跡的に生き残り戦車と対話する特殊能力を身につけてリベンジの戦いを挑み幽霊戦車のホワイトタイガーに致命傷を与えるというオカルト映画。 日本語版タイトルにあるナチス極秘戦車というタイトルは映画の中でドイツ国防軍司令部にいた捕虜の尋問で完全に否定しているので嘘である。 元々の設定に無理がありストーリーも後半破綻してしまいソ連時代のプロバガンダ映像のようなドイツの敗戦イメージ画像を延々流してごまかしている。 肝心の幽霊戦車のホワイトタイガーも主人公のリベンジする戦いでは自分の戦車の砲塔が故障して最後にとどめを刺せず逃げられてモヤモヤする。 最後にヒトラーらしき人物が登場しヨーロッパの人々のユダヤ人やソ連(ロシア)に対する民族差別発言のシーンもストーリーと直接関係なく不要である。 タイガー戦車の復元も失敗でミリタリーファンも一般の映画ファンも全く見る価値の無い駄作です。

閲覧数2,040